市民防災ラボ

  
HOME > 体験レポート > 防災体験館 > 横浜市民防災センター
防災体験館 体験レポート

他館にないギミック溢れる実験装置で、災害のしくみがわかりやすく学べる体験施設   レポート
横浜市民防災センター 展示室   訪問'08/03/25
横浜市民防災センター 展示室ロビー

横浜駅西口より歩いて約10分。横浜市安全管理局の災害支援拠点・特別高度救助隊(SR)拠点である横浜市民防災センターの一角で、防災教育を行うための施設が今回紹介する展示室です。他館にないギミック溢れる内容で、大人から子供まで楽しめます。

横浜市民防災センター 概要

1 横浜駅徒歩10分の公園の中に 2 横浜市民防災センター 外観
沢渡中央公園 横浜市民防災センター 外観
横浜市民防災センターは、災害時の一次避難場所にもなる沢渡中央公園の中にあります。 市民への防災啓発施設と、市の災害備蓄倉庫を兼ね、災害時は隣接する公園で支援を提供。

3 特別高度救助隊も常駐 4 機動救助工作車もいました
特別高度救助隊 分署 横浜市消防局 機動救助工作車
また施設の道路側に、市安全管理局(旧消防局)の特別高度救助隊(旧特別消防隊)が常駐。 訪問当日、現在は特別高度救助隊(SR)の車両となった機動第2救助工作車もいました。


     

横浜市民防災センター展示室 1階の内容

1 市民防災センター入口 2 1階ロビー・企画展コーナー
横浜市民防災センター入口 1階ロビー・企画展コーナー
センターでは、一般市民向けの防災啓発だけでなく、救命講習なども行っています。 受付カウンターやモニュメントのほか、防災用品や過去の災害写真などを展示。

3 横浜の水害、竜巻再現コーナー 4 煙と気流でミニ竜巻を作ろう
横浜の水害、竜巻再現コーナー 竜巻再現コーナー
横浜市内で起きた水害や竜巻など、風水害に関する展示・体験ができます。 ボタンを押すと下から煙と気流が出て、ミニ竜巻を作る事ができます。竜巻被害の解説もあり。

5 実験コーナー 全景 6 地震と地盤コーナー
実験コーナー 全景 地震と地盤コーナー
地震の揺れと建物の特性や、火災やガス爆発の危険性を、再現したり実験するコーナーです。 2種類の模型を揺らして、同じ構造物でも地盤の違いで被害に差が出る事を実感できます。

7 地震体験コーナー 8 地震体験コーナー 内部
地震体験コーナー 外観 地震体験コーナー 内部
関東大震災・阪神淡路大震災・宮城県沖地震を再現。揺れの大きさを実感する仕掛けもあり。 クッション張りの内装やウレタン本棚が倒れるのは、焼津市民防災センターと同じです。

9 肌で災害を感じる「災害劇場」 10 大画面映像に加えて…
災害劇場 内部 災害劇場 画面
火災・台風・地震への備えと疑似体験ができる映像シアター。体験は是非とも中央前列で。 大画面映像に合わせて、熱・暴風・振動を体験できる仕掛けが、どれもかなり強烈です。


     

横浜市民防災センター展示室 2階の内容

1 2階に上がります 2 煙体験コーナー
2階展示室 全景 煙体験コーナー
体験コーナーと展示コーナーが続きます。壁には横浜の火災と救急件数のリアルタイム集計が。 無害な煙を充満させた迷路状の通路を通って、より安全な避難方法を体験します。

3 煙体験室の様子 4 暗闇体験コーナー
煙体験室 暗闇体験コーナー
入り組んだダミーなどのある室内を抜け、今いる位置がセンサーで分かる様になっています。 当たり前の様に電気がある生活から、突然停電で視覚が奪われた状況を実感できます。

5 避難シミュレーション 6 被災後の街での避難を仮想体験
避難シミュレーション 外観 避難シミュレーション 画面とコントローラー
被災後の街に溢れる危険を回避しつつ、安全に避難場所へ辿り着く仮想体験をします。 画面の状況と地図、ラジオや通行人からの情報を得て判断します。あなたの選択は果たして?

7 災害に備えるゾーン 8 スプリンクラー作動展示
災害に備えるゾーン 全景 スプリンクラー 作動機械
火災への対応や防災意識を試す、各種のコーナーが集まった一角です。 ビルなど人の多く集まる施設に設置されている、スプリンクラーを実際に作動させる珍しい展示。

9 こんな風に動作して消火します 10 通報体験コーナー
スプリンクラー作動風景 通報体験コーナー
普段見る事のできない、消火設備の作動風景を見て理解を深める事ができます。 119番通報の方法を解説してもらい、ブースに入ってスタッフ相手に疑似体験を行います。

11 防災クイズコーナー 12 防災ライブラリー
防災クイズコーナー  防災ライブラリー
全10問の○×式で、2台各々問題が違います。中には横浜の消防・防災に関する問題も。 防災に関する書籍・資料類に加え、解説映像をビデオ端末で見る事ができます。

13 消火体験コーナー 14 画面に水消火器を噴射します
消火体験コーナー 外観 消火体験コーナー 内部
一度に2人が体験できる程度の、比較的小さめの消火体験ブースは、外からもよく見えます。 画面の炎に、訓練用水消火器を放射します。正しく命中すれば火が消える当たり判定付き。

15 救急・救命コーナー 16 防災度チェックコーナー
救急・救命コーナー 防災度チェックコーナー
真ん中に置かれた1体の訓練人形を使って、いざという時の心肺蘇生法法を体験できます。 基礎的な日ごろの備えと防災意識を、3択で答えて診断します。さて、あなたの点数は?


     

体験した印象

 全体を通し、展示を見て回るというのではなく、体験や実験を通しての体感を重視した防災体験館だと感じます。特に、火事の熱や台風の暴風を直に感じる仕掛けがある「災害劇場」のコーナーは、今時のボディソニックや3DCG等がなくても強烈で迫るものがあります。また、ミニ竜巻を実際に起こしてみるコーナーも、直感的で知識をイメージとして掴みやすいにもかかわらず、なかなか余所では見られない貴重な展示かと思います。何より、横浜駅西口から徒歩でも10分程度、バスならすぐ着くロケーションの良さは、車で来られなくても比較的訪問しやすいので良しとできるでしょう。

 とはいえ、当施設のオープンは1983年4月。確かに、同時期に建てられた防災体験館に比べると、当時は相当にハイセンスな内容・デザインではあります。随時リニューアルされた体験や展示コーナーもあるものの、全体的にはそろそろ古い部類に入っている事は否めません。特に2階を中心に、昨今の防災事情を踏まえた内容の見直しをしても良い時期なのかもしれません。

 それとは別に、実は一番気になったのは、個人来館者に対するスタッフの対応です。私語が多く、しかも大きくて2階にも良く聞こえていました。私以外にも数組の一般市民が来ていましたが、ガイドを頼みづらい雰囲気だったのは残念な限りです。多くの施設では、スタッフの方から来場者に近付き、ガイドの意向を聞くのが常なだけに、前もっての予約者や団体以外への扱いもきちんとした対応を期待したいところです。

     

施設情報

外観  
所在地: 横浜市神奈川区沢渡4-7
MapFan Webで地図表示
URL: http://www.city.yokohama.jp/me/anzen/bousai/
TEL: 045-312-0119
開館時間: 9:30-16:30
入館料: 無料
休館日: 第3月曜・年末年始
交通アクセス: 横浜駅西口より徒歩10分、沢渡中央公園隣、横浜駅西口より市営バス1系統「市民防災センター前」下車徒歩2分
駐車場: なし

映像シアター あり 水害 あり
119番体験 あり 台風体験
地震体験 あり 土砂災害
津波 火山
消火体験 あり 応急手当 あり
煙体験 あり 耐震補強
ガイドツアー 随時開催(受付へ申し出て下さい)