市民防災ラボ
 ホーム 市民防災ラボについて 防災のポイント 体験レポート 防災チェック  

防災NOWネット配信中 番組をパソコンで聴けます

  
HOME > 市民防災ラボのご案内 > 概要
市民防災ラボの概要

市民防災ラボのご案内

 市民防災ラボは、家庭や地域で行う市民防災のジャンルに於いて、より実際的な防災提案を行う事を目指して活動する防災普及啓発団体です。市民防災を巡る動向の研究に加え、災害時には被災者支援・被災地調査を行い、平時はそれらの教訓を元に、一般市民の視点に立ちつつ、災害の現実に即した市民防災の提案・啓発活動を行っております。

活動内容 市民防災事情・動向の調査研究
防災講演・実技セミナー講師派遣
執筆活動
各種メディア防災企画監修
Webサイトによる市民防災情報の提供
被災者支援・被災地調査活動
事務局
所在地

最寄り駅 東海道新幹線三島駅(東京駅から1時間弱、名古屋駅から1時間20分)
伊豆半島の付け根、富士山の裾野という場所にて、自宅兼事務所の事務局を拠点に、各地へ出掛けて活動しております。
代表者
玉木 貴 (たまき たかし)
1970年長野県生まれ、神奈川県育ち
1990年の水害経験を機に、従来の防災啓発に疑問を感じ、市民防災事情の研究を始める。災害時は被災地で調査支援活動を行う傍ら、平時はその教訓を元に防災普及啓発活動を行っている。
2006年、市民防災ラボを設立し現職。また、同年より、静岡県沼津市応急手当指導員として救命法指導にも携わり、2007年、静岡県ふじのくに防災士として静岡県知事認証。
命や資産を問わず、知っていれば・行っていれば防ぎ得た「無念の喪失」を減らす事が目標。
代表 写真
メディア実績
レギュラー番組: FMみしま・かんなみ(ボイスキュー) 防災番組『防災NOW
毎週月〜金曜12:55から(2006年4月〜)
JCN(現 JCOM)系列ケーブルテレビ16局ネット
『大人の学校』 わが家と地域の防災(危機管理)シリーズ
(全12回、2009年7月〜9月、2010年8月)
連載記事執筆: 共同通信社 生活面向け 新聞記事
シリーズ「防災対策は十人十色」
(全15回、2012年〜2013年、掲載時期は新聞社により異なる)
秋田さきがけ新報、河北新報、山形新聞、埼玉新聞、信濃毎日新聞、中部経済新聞、岐阜新聞、伊勢新聞、京都新聞、大阪日日新聞、神戸新聞、日本海新聞、中国新聞、四国新聞、愛媛新聞、佐賀新聞、長崎新聞にて掲載
新聞 読売新聞、日本経済新聞、日経MJ、日経PLUS1、毎日新聞、産経新聞、朝日新聞、中日新聞、信濃毎日新聞、静岡新聞、神戸新聞、大分合同新聞、毎日中学生新聞
テレビ TBSテレビ「ひるおび!」「はなまるマーケット」
テレビ朝日「ワイド!スクランブル」「ニュースなぜ太郎」「全国一斉○○テスト」
テレビ東京「ワールド・ビジネス・サテライト」「なないろ日和!」「7スタLIVE」「トコトンハテナ?」「朝は楽しく!スマイルサプリメント」
よみうりテレビ「大キングコング 情熱!しゃべり隊!!」
東名阪ネット6(テレビ神奈川・テレビ埼玉・千葉テレビ・三重テレビ放送・KBS京都・神戸サンテレビ)「21世紀テレビ検定 カルチャーSHOwQ」
静岡第一テレビ「大地震から命を守る〜なまず先生の防災教室」「ニュースプラス1しずおか」
静岡放送「SBSテレビ夕刊」防災マニュアル
長野放送「NBSキャンペーンスペシャルVII ふるさと未来〜できることからはじめよう」「NBSスーパーニュース」
テレビユー福島「20XX年 激震が福島を襲う〜その時あなたは」「グーテン」
テレビ新潟「夕方ワイド新潟一番」新潟福島豪雨1周年特集、同 新潟県中越地震1周年特集
山陽放送「VOICE21スペシャル いのちを分ける20秒−徹底取材 緊急地震速報」
JCOMさいたまブロック「埼玉徹底応援 オシどきっ!」「特別番組 第35回九都県市合同防災訓練」
SkyPerfecTVほか「日経CNBC Express」
ラジオ NHKラジオ第一放送「ラジオあさいちばん」
JFN系列「クロノス」「Open Sesami」
FMヨコハマ「1.17防災ワンデイスペシャル」(2007,2008,2010年)
新潟放送「近藤丈靖の独占!ごきげんアワー」
秋田放送「あさ採りワイド秋田便」
bayfm「ベイ・カムフォート」
エフエム愛知「LOVE ONLINE」
雑誌 プレジデントFamily、小学館DIME、オレンジページ、オレンジページ・インテリア、レタスクラブ、サンキュ!、日経ウーマン、ChouChou、eyeco、こっこクラブ、週刊現代、週刊ポスト、週刊女性、月刊ASCII、リベラルタイム、Yahoo!InternetGuideなど
講演実績 詳細は 防災講演 のページでご覧頂けます。
著書 詳細は 著書紹介 でご覧頂けます。
論文等執筆 共同通信社 生活面向け新聞記事 シリーズ「防災対策は十人十色」
(全15回、2012年9月〜12月、新聞社により掲載時期は前後)
秋田さきがけ新報、山形新聞、信濃毎日新聞、埼玉新聞、岐阜新聞、伊勢新聞、京都新聞、神戸新聞、日本海新聞にて掲載
国民生活センター「2015年版 くらしの豆知識
日本実業出版社 月刊「企業実務」2011年5月号
東京法令出版 消防防災行政季刊誌「消防防災 2007年夏季号(21号)
健学社 教員向け月刊誌「こころのオアシス」2006年1月号
日本電子産業協同組合 会員誌「えれくとん」2006年 第91号
アグレプランニング 季刊誌「健康」2005年冬号
関西消費者協会 消費生活情報誌「消費者情報」 2005年9月号
ご連絡 防災講演・実技セミナーについては、専用フォーム から、
その他ご連絡は 問い合わせフォーム 、からが一番確実です。
お電話の場合、不在時はメッセージ録音、もしくはFAXでお願い致します。

     

今までの歩み

1990年9月 代表、静岡県三島市で大場川水害(だいばがわ、狩野川水系の一級河川)を経験。これを契機に市民防災事情の調査研究を始める。
2002年8月 Webサイトにて防災情報を提供開始。
今までの防災研究を、人々に受け入れやすく身近に防災を考えてもらうために、利害関係のない立場からの「防災グッズ体験レポート」という表現方法で展開。
2002年冬 静岡県ホームページグランプリ2002・@niftyホームページグランプリ2002入賞。
2003年 信毎ホームページ大賞2003入賞。
2003年12月 長野県大町市主催 防災講演会にて、総務省消防庁の務台俊介防災課長(当時)・NHKの山崎登解説委員と3人で初講演。以後、防災講演への講師派遣を開始。
2004年2月 通算100万総ページビューを突破。
2004年9月 月間100万総ページビューを初記録。(104万PV)
2005年4月 初の書籍「わが家の防災−本当に役立つ防災グッズ体験レポート」を駒草出版より出版。
2005年8月 早わかり『防災』新常識」を青春出版社より出版。
2005年9月 わが家の防災 Part.2」を駒草出版より出版。
2005年12月 通算500万総ページビューを突破。
2006年3月 市民防災ラボを設立。
Webサイトも、従来の防災グッズ体験レポートに加え、今までの取り組みに基づく防災対策のポイント・防災提言を掲載してリニューアル。
2006年4月 静岡県のコミュニティFM局 FMみしま・かんなみ(ボイスキュー) で、レギュラー番組「防災NOW」放送開始。
2007年9月 防災袋に入れて備える!被災生活ハンドブック」を本の泉社より出版。
2007年10月 静岡県より静岡県防災士の知事認証を受ける。
(2010年、静岡県ふじのくに防災士に名称変更)
2007年12月 NPO法人日本防災士機構より防災士の認証を受ける。
2011年9月 必要な備えは人それぞれ [地震] わが家のお助けノート」を青春出版社より出版。