市民防災ラボ

  
HOME > 体験レポート > 防災グッズ > DC/ACインバータ
被災生活のための生活グッズレポート

生活グッズ体験レポート:ファイル#01
車を使って電気を生み出す ポータブル車載DC/ACインバータ

緊急時に電気が使えないのは不便なもの。自動車での避難は御法度ですが、車を避難スペースにするのは1つのアイデアです。車でも家電製品が使えるようになればなお便利ですが、それを可能にするのが、ここで紹介するDC/ACインバータという変換器。いざという時だけでなく、普段でも仕事や旅行に重宝しているのでレポートしてみました。

1 DC/ACインバータ本体です 2 取付にちょっと工夫しました
MARUHAMAのMDA-150Sという製品 固定用マジックテープを裏面に
最大出力150W連続使用可能の製品。この程度のモノなら身近でも売ってますよ。 車の内装に固定できるようカーペット用マジックテープを買って貼り付けました。

3 マジックテープでお好きな所に 4 シガーソケットに電源を接続
マジックテープだから何度でも移動できます ソケットを差し込むだけです
車のタイプによってお好きな所に貼り付けたり剥がしたり。自分はよく使うのでセンターコンソール側面に。 なお、シガーソケットは手軽さの反面、容量は150Wまで。それ以上の製品を使う場合、直接バッテリーへの配線加工を要します。

5 コンセント2口あります 6 意外と多くの機器が使えます
コンセントにプラグを差してスイッチを入れるだけ
コンセントにプラグを差してスイッチをON。バッテリーの電気を消費するため、エンジンを回さないとそのうちバッテリー上がりになります。 写真のノートパソコンは定格で48W。充電器やテレビデオなど、意外に様々な機器が使えます。加熱系など高消費電力機器はもちろん不足です。

7 コンセントが2口あって便利 8 電力を喰う機器は高出力製品で
小電力でも同時に使えると便利 MAX150Wの製品に400Wの投光器を接続
1口しかコンセントがない製品も多いですが、2口あると小回りが利いて便利かもしれません。 最大150Wのインバータに、400Wの投光器を接続したら一発で落ちました。でも保護回路(ブレーカー)のおかげで再度電源ONで元通り。



     

「車載DC/ACインバータ」のデータ・個人的評価

製品名 MDA-150S
DC/ACコンパクトインバータ
[参考]ネット上でも購入できます
簡単・コンパクトで便利!
シガーソケット対応
ちょっと本格的
中出力クラス
1000W以上の高出力品
大出力クラス
製造業者 株式会社マルハマ
購入価格 4980円(2001年1月当時)
外形寸法 W11cm
H13cm
D5cm
総重量 550g 変換効率 約90%
入力電圧 DC12V 出力電圧 AC100V
50/60Hz
最大出力 150W
コンパクト性 ★★★☆☆ 取付性 ★★★★★ 実用性 ★★★★☆
感  想 ここはいい!
買ってきて包装を開けたら、あとはシガーライターにコードを差し込むだけ。この簡便さで車の中でも普通の家電製品を使えるならいい投資かも。容量以上の電気製品を使っても保護回路が働いて復帰してくれるので、いちいちその度にヒューズ交換も不要な点も安心。

ここはちょっと?
ホットプレートや電子レンジ、炊飯器やジャーポットなど、高消費電力の家電製品は、今回のものではもちろん使えません。それらを使いたい場合は、より高出力のインバータを購入すること・シガーライター接続ではなく直接バッテリーに接続すること・高容量のバッテリーに載せ替えること、の3点が必須です。

総評
そこそこの投資+手間いらずでちょっとした家電製品が使えるとあって、コストパフォーマンス(費用対効果)が高いと思いました。車での移動が多いモバイラーの人や、様々なアウトドアレジャーをされる方でも、利用シーンは多いと思います。私も仕事でモバイルPCを持ち歩く事が多く、個人的に重宝してます。
テスト時期 2002年5月

 被災生活グッズ トップへ 次のレポートへ →