市民防災ラボ

  
HOME > 体験レポート > 防災体験館 > 千歳市防災学習交流センター
防災体験館 見学レポート

地震・煙避難・通報体験に加え、高層階避難器具体験もできる単独型体験施設 レポート
北海道 千歳市防災学習交流センター そなえーる 訪問'12/7/25

千歳市防災学習交流センター「そなえーる」は、2010年にオープンした、主に地震と火災の防災体験館。防災訓練広場に隣接した広く開放感のある館内では、全国から地元の大地震まで、8種類の再現地震を体験できるほか、避難器具体験コーナーでは、高層建物からの避難に用いる緩降機や救助袋、避難梯子の体験もできます。消火・救出体験は屋外の「学びの広場」で体験できます。

千歳市防災学習交流センター そなえーる 概要

1 そなえーる 外観 2 車で来ても安心の広大な駐車場
千歳市防災学習交流センター そなえーる 外観 そなえーる駐車場 入口に大きな看板あり
防災学習交流センターは、そなえーると2つの野外ゾーンと併せた広大な敷地を誇ります。 普通車は120台以上、加えて障害者やバス専用スペースは各3台ずつと、こちらも大型です。

3 防災訓練広場も隣接 4 そなえーる入口
防災訓練広場とヘリポート そなえーる入口
広大な防災訓練広場とヘリポートも隣接。平時は訓練に、災害時は支援集結拠点となります。 駐車場端から建物入口までは、屋根付きの通路が。駐車場は建物の反対側にもあります。

5 エントランス、受付 6 腕用ポンプ、コインロッカー
エントランス 受付 腕用ポンプ コインロッカー
見学体験コーナーへは階段とエレベーターで2階へ。子どもはミニ消防車前で記念撮影可。 昔千歳で使われていた、大正11年製の手動消防ポンプを展示。手荷物用コインロッカーもあり。


     

災害学習ゾーンの展示内容

1 防災学習ゾーン全景 2 千歳の災害と取り組み
防災学習ゾーン全景 千歳の災害と取り組み
防災学習ゾーンでは、地元の災害と、自助・共助・公助の基礎を展示を通して学びます。 千歳の災害面での地域性と、過去の主な災害の歴史を知ることができます。

3 千歳での自助・共助・公助 4 家庭の防災対策
千歳市の自助・共助・公助 家庭の防災対策コーナー
千歳市の公助(公的支援態勢)や、自主防災組織など地域での助け合う共助について解説。 家具固定などの家屋対策から、災害発生から被災生活で必要になる非常持出品を紹介。


     

災害体験ゾーンの体験内容

1 災害体験ゾーン全景 2 消防服展示コーナー
災害体験ゾーン全景 千歳消防の消防服
2,3階部分が吹き抜けの広々した館内に、様々な防災体験や展示コーナーが並んでいます。 千歳市で、過去・現在使われている消防服や防火衣の実物が展示されています。

3 地震体験コーナー 4 体験できる再現地震
地震体験コーナー 外観 地震体験コーナー モニター
3次元で揺れを再現する起震台での地震体験。床からクッション付きポールが伸びています。 主要地震に加え、十勝沖地震や北海道南西沖地震、有珠山火山性地震も再現できます。

5 予防実験コーナー 6 家庭用消火器具も展示
予防実験コーナー 外観 予防実験コーナー
1日2,3回、天ぷら火災やコンセントからの出火(トラッキング現象)を再現。火災予防を解説します。 消火器やスプレー式簡易消火具などの消火器具。また各種防災用品の実物を展示。

7 119番通報体験コーナー 8 通報体験コーナー ブース内
119番通報体験コーナー 外観 119番通報体験コーナー ブース内
携帯電話と固定電話からの、火災・交通事故・急病の3場面から選んで、通報体験ができます。 画面に映る、現場の状況や司令センターからの呼び掛けに応じ、音声認識で進んでゆきます。

9 煙避難体験コーナー 10 煙が見える透明部分もあり
煙避難体験コーナー 外観 煙避難体験コーナー 体験中
火災での煙の危険性と、死なないための避難方法を学び、暗い迷路内で実地体験します。 体験室外側通路は透明で、実際に煙が充満する様子を見ながら、無害な煙の中を避難します。

11 防災情報検索コーナー 12 防災マップやクイズがあります
防災情報検索コーナー 外観 防災情報検索コーナー メニュー画面
タッチパネル式の情報端末が3台並んでおり、千歳市の各種ハザードマップなどを見られます。 ハザードマップの他に、防災基礎知識、家庭の防災対策、防災クイズを楽しめます。

13 屋内訓練室の中には 14 避難器具体験コーナーが
屋内訓練室 入口 避難器具体験コーナー 全景
災害体験コーナーから仕切られた体育環状の部屋は、防災機関の各種訓練に使われます。 ホテルやマンションにある各種の避難器具で、実際に下の階まで降りる避難体験ができます。

15 救助袋<での降下体験 16 緩降機での降下体験
避難器具体験コーナー 救助袋 避難器具体験コーナー 緩降機
ビルなどにある脱出用シューター(滑り台)の体験もできます。避難体験は年齢・体重制限あり。 この日の避難体験は、同じくビルなどにあり、2,3階からゆっくり降下できる緩降機でした。

17 千歳市の災害史 18 展望デッキもあります
千歳市の災害史 展望デッキ
2階の災害学習・体験ゾーンを見下ろす3階通路には、千歳市での災害の歴史を展示。 建物より突き出た展望デッキから、過去に噴火した樽前山など支笏湖周辺の山々を望めます。


     

体験した印象

 北海道の郊外ならでは開放感を感じる、広々した館内が特徴です。地震と火災を主な対象とした防災体験館ですが、全ての内容をじっくり楽しめば、半日は過ごせそうな充実の内容も印象的。中でも、外周部がガラス張りで、充満する煙の様子を見ながら煙の特性を学べる煙避難体験コーナー。床から突き出たクッション付きポールに捕まって、揺れを直に感じられる地震体験コーナーなどは、一般的な防災体験館・防災センターとは違うなかなかの出来です。特に、高層建物からの避難器具を実際に体験できる避難器具体験コーナーは、普通の防災体験館・防災センターにはなく、マンション住民や、中高層ビルなどにお勤めの方には、是非とも体験される事をお薦めします。(年齢・体重制限があります)

 なお、火災消火体験や倒壊瓦礫からの救助体験は、施設屋外の「学びの広場」で体験できるので、お時間の許す方は合わせて体験すると良いでしょう。

 通常は、1グループ毎に1人のスタッフが付くのが、全国的なガイドツアーの傾向ですが、訪問当日は、夏休み中で平日でも来場者が多いためか、各コーナー毎にスタッフがいる所を順次回るスタイルとなりました。結果、3人のスタッフさんからご案内頂く事になったのですが、マニュアル的に憶えさせられて言っている(=確信がこもっていない)感覚が強く見られます。基本的ながら、ちょっと外れた内容の質問(例:食物アレルギー患者向けの備蓄非常食はあるか、被災してケガをした人は避難所に運ぶのが正解か、等)をすると、大抵答えに窮していたので改善の余地ありと感じます。もっとも、コーナー毎の解説内容などは簡潔ながら的確で、中の上レベルの良い感じ。マニュアルを作られた方々のご努力が伺えました。


     

施設情報

外観  
所在地: 千歳市北信濃631-11
MapFan Webで地図表示
URL: http://www.city.chitose.hokkaido.jp/index.cfm/84,51876,135,686,html
TEL: 0123-26-9991
開館時間: 10:00-17:00
入館料: 無料
休館日: 月曜・毎月最終火曜・年末年始
交通アクセス: JR千歳線千歳駅より、北海道中央バス稲穂団地線「フードD5前」「あずさ3丁目」下車徒歩10分
駐車場: 普通127台・大型3台・障害者3台

映像シアター 水害
119番体験 あり 台風体験
地震体験 あり 土砂災害
津波 火山
消火体験 あり 応急手当
煙体験 あり 耐震補強
ガイドツアー 随時開催(受付へ申し出て下さい)