市民防災ラボ

  
HOME > 体験レポート > 防災体験館 > 神戸港震災メモリアルパーク
防災体験館 体験レポート

震災の爪痕をそのまま残す、24時間365日開放された無料見学施設   レポート
神戸港震災メモリアルパーク   訪問'07/01/29

今回紹介する神戸港震災メモリアルパークは、港町神戸の象徴ポートタワーのそばにある、常時無料開放された屋外型見学施設です。1995年に起きた阪神・淡路大震災の爪痕をそのまま保存し、震災の記憶と復旧の記録を後世に語り続けています。

1 メモリアルパークの場所は 2 メモリアルパークの全景
モザイク側から見たポートタワー
神戸のランドマークであるポートタワーが目印。神戸海洋博物館に隣接しています。 24時間365日常時見学可能で、日中だけでなく、夜景を楽しみつつ立ち寄るのも、また一興。

3 まずは入口から 4 震災の記録類の展示
施設銘板 通路全景
四方のどこからでも入って行けますが、一応、銘板がある方から入ってみます。 間接照明でライトアップされた通りには、震災と復興の記録を中心とした展示が続きます。

5 施設モニュメント 6 震災の被害〜復興の記録
モニュメント 復興の記録コーナー
壁に掛かる丸いモニュメントには、メモリアルパークのコンセプトが、日本語・英語で案内。 阪神・淡路大震災による、メリケン波止場の被害と復興までの様子を写真入りで解説。

7 神戸港復興のあゆみ年表 8 映像コーナーもあり
神戸港復興年表 映像コーナー
平成9年5月の神戸港復興宣言までの、神戸港を中心とした復興課程の年表も。 震災から復興までの様子を、映像でも展示するよう、モニタ類が埋め込まれている柱もあります。

9 保存された被災岸壁 10 メリケン波止場の歴史
メリケン波止場被災岸壁 メリケン波止場 歴史解説板
被災したメリケン波止場の一部を保存展示。崩れた岸壁、傾いた街頭などがそのままの姿で。 開国から昭和までの波止場の歴史が、写真入り案内板で紹介。往時の姿を見る事ができます。

11 被災岸壁は回廊状に通路が 12 遺構は地震の威力を語る証人
回廊状の通路から眺める被災遺構 激しい崩壊は震災の凄まじさを語る
被災岸壁をぐるっと一周。回廊状に通路が整備され、遺構を様々な角度から見て回れます。 激しく崩壊した遺構は、今も震災の凄まじさを語り続けます。


     

体験した印象

 一般の防災センター・防災体験館とは種類の違いますが、ここの最大特徴は、震災の記録だけでなく、実物の遺構を残している事に尽きるでしょうか。震災から10年以上が過ぎ、復興によって震災の爪痕も徐々に少なくなりました。そんな中、被災した実物だからこそ訴え得る説得力は、「百聞は一見に如かず」の諺通り。佇まいは静かでも、数多の映像や記録よりも雄弁に、地震のもたらす破壊力を語り続けています。

 神戸の名所のそばにあり、24時間無休で見られるため、観光やお出掛けついでに気軽に眺めて、感じるのがちょうどいいスタンスかもしれません。

     

施設情報

外観  
所在地: 兵庫県神戸市中央区波止場町2-2
メリケンパーク内
MapFan Webで地図表示
URL: http://www.kobe-meriken.or.jp/maritime-museum/
TEL: 078-327-8983
開館時間: 24時間
入館料: 無料
休館日: 無休
交通アクセス: JR・阪神電鉄元町駅から徒歩15分、地下鉄みなと元町駅から徒歩5分
駐車場: メリケンパークやハーバーランドの施設に多数あり(有料)

映像シアター △(映像コーナー程度) 水害
119番体験 台風体験
地震体験 土砂災害
津波 火山
消火体験 応急手当
煙体験 耐震補強
ガイドツアー なし (24時間365日開放されている屋外展示施設です)