市民防災ラボ

  
HOME > 体験レポート > 防災体験館 > 京都市市民防災センター
防災体験館 体験レポート

体験内容豊富な西日本屈指の防災体験館、SEGA独自開発の防災ゲームも特徴   レポート
京都市市民防災センター   訪問'08/09/10
京都市市民防災センター 3F防災バーチャルコーナー
1995年にオープンした京都市市民防災センターは、市の災害備蓄倉庫と併設された防災体験館。各種の災害体験コーナーと、アミューズメントのSEGAによる「防災バーチャルコーナー」に加えて、事業所・自主防災向けに、店舗・ホテル・マンションを模した「総合訓練コーナー」など、幅広い層に対応できる関西屈指の施設です。

体験ガイドツアーで楽しめるコーナー

1 市民防災センター 外観 2 ロビー吹き抜けから見る館内
京都市市民防災センター 外観 館内全景
国道1号線の国道十条交差点そばにある、スタイリッシュなデザインの施設です。 ロビーはガラス張りで吹き抜けの開放感、奥は各種体験・展示コーナーが機能的に並びます。

3 まずは体験ツアーの説明から 4 隣の映像体験コーナーへ
オリエンテーションステージ 映像体験室 入口
オリエンテーションステージで映像とガイドの説明でツアー概要を聞きます。平日でも大盛況。 歴史の街京都を悩ませた、火災・風水害・地震の歴史から、現代の防災体制まで幅広い内容。

5 次は地震体験コーナー 6 震度7揺れと対応を体験します
地震体験室 外観 地震体験室 内部
朝10時前でも複数グループが行き交う中、地震体験コーナーへ。待機スペースも人がたくさん。 6畳の台所で、2次元ですが揺れと対応を体験。東南海・南海地震・阪神淡路大震災を再現可。

7 強風体験コーナー 8 風速32mまでの暴風を体験
強風体験室 外観 強風体験室 内部
一度に6名程度収容の小振りな体験室で、保護用ゴーグルをかけて暴風を体験します。 秒速30mの暴風では、前のめりで静止できるほど強く、突然予期せぬ方から吹かれたら危険。

9 次は消火訓練コーナー 10 消化器や屋内消火栓を学びます
消火訓練室 外観 各種消火器と屋内消火栓
2階に移動して、今度は消火体験コーナーへ。ガラス張りの体験室で、通路からもよく見えます。 まずは基礎知識から。様々な消火器の特徴と使い方、住民で使える消火栓の使い方を学ぶ。

11 訓練用消火器で消火体験 12 体験場面は台所火災
消火体験コーナー 模擬火災モニター
消火体験は、訓練用の水消火器での放射に加え、屋内消火栓を使っての体験もできます。 モニターに映る火災へ放射しますが、当たり判定付きで火元に命中しないと成功しません。

13 避難体験コーナー    
避難体験室  
ビルなどの高層建物火災における避難を体験。訓練用の煙に加え非常ベルの音もリアルです。  


     

体験ガイドツアー以外にも楽しめるコーナー

1 住宅用火災警報器コーナー 2 セットに設置場所が明示
住宅用火災警報器コーナー 屋内セットに設置位置を明示
設置が義務化された住宅用火災警報器と、設置する壁に応じた取付方法を、実物で学べます。 本物の台所や屋内のセットで、取付位置を色分けする事で、視覚的にも分かりやすい。

3 通報訓練コーナー 4 携帯電話が実際に動きます
119番通報体験コーナー 動作する訓練用携帯電話
携帯電話・固定電話・公衆電話による、救急・火災での119番通報を体験できます。 ここの訓練用携帯電話は、操作に応じて動作して、よりリアリティがあります。

5 3階 防災バーチャルコーナー 6 消防士体験・防災学習ゲーム
防災バーチャルコーナー 防災ゲームコーナー
国内随一の施設。アミューズメントメーカーSEGA独自開発の体感型防災ゲーム機器がずらり。 「消防士〜ブレイブファイヤーファイターズ」と4種の防災学習ミニゲーム。

7 3D・京都大地震 8 8人乗りライド型シミュレーター
3D京都大地震 ライド型シミュレーター
京都の街を舞台にした、7分間の大地震と避難体験。余震の危険が強調されるのがポイント。 上昇下降や加減速感を再現する、ライド型シミュレータは、まるでTDLのスターツアーズ地震版。

9 3Dサウンド・土砂災害の恐怖 10 退役した消防ヘリの実機が…
3Dサウンド・土砂災害の恐怖 京都市消防局 消防ヘリ
登山中に豪雨で土砂災害に遭遇。山小屋風シアターに、光とボディソニック音響の嵐が襲う! 2005年退役の京都市消防局「ひえい」(ユーロコプター社製ドーファンSA365N1)が復活して

11 何と消防ヘリシミュレータに 12 モニタと実機の操縦機器で操作
セガ製作 エア・レスキュー・パイロット 実機を流用した操縦席廻り
京都市消防局航空隊の業務を体験するゲーム「エア・レスキュー・パイロット」になりました。 120インチ画面の屋外風景、19インチの機内モニタを見ながら、操縦桿・レバー・ペダルで操作。

13 選べるミッションは5種類 14 リアルな風景と挙動で大満足
救助活動ミッション プレー中 ホバリングがが難しく、ゴールの病院(よく見ると京都市市民防災センター)降着直前でゲームオーバー
今回は、大文字山の遭難者をホイスト救助、病院屋上に着陸する救助ミッションに挑戦。 消防・救急・救助・災害支援と、航空隊の多岐に渉る仕事ぶりを垣間見る事ができました。

15 災害活動パノラマ 16 なんでも消防情報館
東京消防庁 消防博物館にも類似コーナーがあります なんでも消防情報館
火災発生から消防隊の出動と消火までの消防活動を、映像と動く模型で紹介します。 京都市の浸水ハザードマップや京都市消防局の情報、火災予防のポイントを学べます。

17 京都市の地震被害想定 18 1階ロビーで時には企画展も
京都市内各地区の地震被害想定 企画展
市内各地区の地震ハザードマップは受付でも貰えます。わが家の危険度をチェックし対策を。 この時はちょうど9月の「救急の日」翌日。救命処置と応急手当に関する展示をしていました。

19 災害用伝言ダイヤル171体験 20 通報体験の隣に置いては?
災害用伝言ダイヤル体験コーナー 災害用伝言ダイヤル体験コーナー
安否確認に役立つ「災害用伝言ダイヤル171」。毎月1日ほか体験機会が少ないので是非。 1階トイレとコインロッカーの間にひっそりと佇むより、119番通報コーナーの隣などに置いては?


     

体験した印象

 関西屈指の豊富な内容を持ち、半日はしっかり遊んで学んで帰る事ができる、そんな防災体験館です。アミューズメントのSEGAによる、3D映像とボディソニックでの京都大地震疑似体験や、退役した消防ヘリを使ったフライトシミュレーターなど、異色の防災バーチャルコーナーが、通常の防災体験館と極めて一線を画す当館随一の特徴となっています。なお、事業所等の団体向けには、店舗・ホテル・共同住宅の模擬施設での災害時の対処を訓練できる「総合訓練コーナー」も利用可能。一般市民から地域・企業防災関係者まで、幅広く対応する懐の広い施設でしょう。また全国でもまだ僅かしかない、災害用伝言ダイヤルの体験コーナーは、意欲的な施設への取り組みが随所に見られます。

 反面、ガイドの解説レベルはあまり高くなく、ハード面でのレベルの高さに見合っていない様です。話す事は施設利用上の諸注意がほとんどで、防災上のポイントは少量のマニュアル的内容ばかり。応用的な質問に対する的確な回答は、あまり頂けませんでした。京都市消防局の施設ですが、ガイドなどの施設運用は外部の財団法人に委託している事や、比較的混雑する施設のため、グループを案内する事で忙しいなど、研鑽の余裕がないのかもしれません。ただし、これらは受付やガイドにあたる一般スタッフのみの話です。

 当館は、東京消防庁 本所防災館と並び多数の来場者がある施設で、年間約80万人が訪れています。その割に館内はそれほど広くなく、各体験コーナーも若干小さめなので、平日でも混雑する事がある様です。時期により差はありますが、予約なしで体験ツアーに参加する場合は、想像より余分に時間が掛かる事を予期しておくと良いでしょう。

     

施設情報

外観  
所在地: 京都市南区西九条菅田町7
MapFan Webで地図表示
URL: http://web.kyoto-inet.or.jp/org/bousai_s/
TEL: 075-662-1849
開館時間: 9:00-17:00
入館料: 無料
休館日: 月曜・第2火曜(祝日は開館)、年末年始
交通アクセス: 近鉄京都線十条駅より徒歩約8分、市バス16,19,42系統「市民防災センター前」下車すぐ
駐車場: 10台

映像シアター あり 水害
119番体験 あり 台風体験 あり
地震体験 あり 土砂災害 あり
津波 火山
消火体験 あり 応急手当 あり
煙体験 あり 耐震補強
ガイドツアー 随時開催、なるべく事前予約を(予約なしでも合間に開始)
他にも事前申込制で半日〜1日の体験プログラム「市民防災体験」開催