市民防災ラボ

  
HOME > 体験レポート > 防災体験館 > 大阪市立阿倍野防災センター
防災体験館 体験レポート

震災後の街並で防災を学ぶ、高い教訓度の西日本屈指のエンタメ系体験館   レポート
大阪市立阿倍野防災センター   訪問'08/01/29
大阪市立阿倍野防災センター 地震災害体験ゾーン
 大阪市の南のターミナル、天王寺から1駅。内容の教育性とエンターテイメント性が、高次元でバランスした関西屈指の防災体験館が、大阪市立阿倍野防災センターです。体験ゾーンの随所に、細部までこだわったリアリティと遊び心が見え隠れする秀逸な施設です。

大阪市立阿倍野防災センター概要

1 あべのフォルサ3Fにあります 2 防災センターは3階に
あべのフォルサ 外観 あべのフォルサ 入口
阿倍野防災センターは、阿倍野駅から歩いて5分ほどの「あべのフォルサ」内にあります。 あべのフォルサには、市立屋内プールや市の災害備蓄倉庫も併設されています。

3 防災センター入口 4 体験ツアー申込は受付で
阿倍野防災センター 入口 受付
防災センター入口には、手荷物用のコインロッカー(100円硬貨・返金式)が多数あります。 体験ツアーに参加したい人は受付へ。開始まで「防災学習ゾーン」を楽しむのも良いでしょう。

5 多目的防災学習ルーム 6 リストバンドをもらってツアー開始
多目的防災学習ルーム コース体験者用リストバンド
団体で「地震災害体験ゾーン」に参加する場合や、当館での様々なイベントで使われます。 バンドを渡され体験ツアー開始。各コーナーでバンドをパネルにタッチして成績を記録します。


     

体験ガイドツアー「地震災害体験ゾーン」のみで体験できる内容

1 バーチャル地震体験コーナー 2 火災発生防止コーナー
バーチャル地震体験コーナー 内部 台所を模した火災発生防止コーナー
体験ツアーの始まりは、自宅でテレビを見ている設定から。前寄り2列に座るのがオススメ。 揺れが収まった後、火事を出さないためのチェック項目をおさらい。続いて煙中コーナーへ。

3 初期消火コーナー 4 カウンター越しに水消火器を放射
初期消火コーナー 指導者デモ 初期消火コーナー 体験風景
煙中(煙避難)コーナーを抜けると、今度は初期消火体験。消火器の使い方を体験します。 水消火器は常時ホースと繋がり水圧低め。カウンター越しに画面の火を消す射的調です。

5 119番通報コーナー 6 ガイドがポイントを解説します
119番通報コーナー 119番通報コーナー 解説風景
自宅で被災し、火災を消し止め外へ出た場面。公衆電話から119番通報する想定で体験。 ツアー毎にガイドが誘導し、各コーナーでのポイントを解説。それに続いて体験を行います。

7 実物大の震災後の街を歩きます 8 救助体験コーナー「親切商店」
 救出コーナー「親切商店」
本物の建材で再現された、圧巻の震災後の街並みに出て、次に進みます。随所にコネタあり。 崩れかけの商店を模した建物では、ジャッキなどを使った救助方法を実際に体験できます。

9 応急処置コーナー「宮間医院」 10 修了証発行コーナー
応急処置コーナー「宮間医院」 修了証発行コーナー
医者を模した建物では、いざという時の止血や骨折の手当など応急処置を体験できます。 体験が終了したら、体験コーナーが一望できる展望フロアでツアーの修了証を発行します。

11 修了証を発行します 12 修了証は紙のほかにネットでも
リストバンドを機械にタッチし発行 体験ツアー修了証
修了証には、体験したコーナーの成績と解説の他に、自分専用のID番号が書かれています。 修了証発行時のパスワードと記載IDを元に、公式サイト上からも成績などが見られます。

13 自分の体験をリプレイ映像で 14 煙中コーナーの様子も
録画画像 初期消火コーナー 録画画像 煙中コーナー
修了証発行と同時に、自分の体験の様子がリプレイ映像で流れます。 煙避難体験の様子も後で確認できます。なお、リプレイ映像は確認後に消去されます。


     

体験ガイドツアー以外にも楽しめる「防災学習ゾーン」

1 マルチメディア学習コーナー 2 震度7地震体験コーナー
マルチメディア学習コーナー 震度7地震体験コーナー
地震や風水害、火災など災害の知識や対処法などを画面で学べます。待ち合わせ場所にも。 兵庫県南部地震や想定南海地震など、8種類の地震の揺れを3次元で再現できます。

3 まずは阪神淡路大震災から 4 次いで想定南海地震を体験
3次元地震体験 阪神淡路大震災 3次元地震体験 想定南海地震
まずは兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)を体験。画面の地震波に合わせながら揺れます。 直下型の阪神淡路と、海溝型の南海地震との、揺れの違いが、改めてよくわかります。

5 防災用品の展示解説コーナー 6 売店もあります
防災用品展示コーナー 売店
非常持出品が中心で、命を守るために肝心の、インテリア対策用品が1つだけで残念。 売店では各種の防災用品が買えます。気になるグッズを見て買っても良いでしょう。


     

体験した印象

 京都市市民防災センターと並び、間違いなく西日本屈指の防災体験館であると言えるでしょう。特に、自宅で被災し消火対策をする自助の後、外に出てから救出・救護などの共助に移る、大規模地震後の一連の行動を、体験コーナーとしてスムーズに繋げたコンセプトが秀逸です。もちろん、当館随一の目玉であろう、地震災害体験ゾーンに再現された被災後の街並みも、インパクト絶大です。高い教訓度と楽しく体験できるエンターテイメント性を、高い次元で両立した点は、公共施設の域を飛び抜け、有料で入る民間アミューズメントパーク並のレベルに達しています。

 体験コースは4コースあり、3コーナーのみの30分コースから、全8コーナーの100分コースまで多彩です。また本格的な、自主防災組織向けの可搬消火ポンプ体験といった、全国的にも珍しい体験コーナーもあります。ジャッキ救助体験コーナーも、まだ全国では少なく先進的です。更に、震度7地震体験コーナーが別途存在し、地震体験ができるコーナーが1館に2つあるのも特筆モノです。体験ツアーに参加できなくても、随時地震体験ができる敷居の低さは普及啓発上大事なスタンスです。

 余談ながら、再現建物は内外問わず、細部まで芸の細かい造りで一見の価値ありです。特に、レトロマニアな方にはかなりウケる内容でしょう。随所に過剰なまでの遊び心が見え隠れし、公共施設と思えぬ「キレた」造りは、やはり大阪という地の為せる業でしょうか。こうした点を含め、多方面から「税金の無駄遣い」と揶揄される事の多いこの施設ですが、この様な施設は、民営での事業継続はかなり困難なので、悩ましいながらも公営に落ち着くのでしょう。いずれにしても、普及促進のためには「楽しく防災」が必要だと、訪問する度に実感させてくれる、そんな防災体験館です。

     

施設情報

外観  
所在地: 大阪市阿倍野区阿倍野筋3-13-23
あべのフォルサ3F
MapFan Webで地図表示
URL: http://www.abeno-bosai-c.city.osaka.jp/
TEL: 06-6643-1031
開館時間: 10:00-18:00
入館料: 無料
休館日: 水曜・月最終木曜・年末年始
交通アクセス: 地下鉄谷町線・阪堺線「阿倍野」駅より300m、JR・地下鉄御堂筋線「天王寺」駅、近鉄電車「あべの橋」駅より600m
駐車場: 24台(市立プールなど、あべのフォルサ他施設と共用)

映像シアター あり 水害
119番体験 あり 台風体験
地震体験 あり 土砂災害
津波 火山
消火体験 あり 応急手当 あり
煙体験 あり 耐震補強
ガイドツアー 30分・60分・80分・100分の4コースあり
随時開催(受付へ申し出て下さい)