市民防災ラボ

  
HOME > 体験レポート > 防災体験館 > 山梨県立防災安全センター
防災体験館 体験レポート

ブロック塀倒壊体験は全国でも稀な、古くからある防災体験館   レポート
山梨県立防災安全センター   訪問'08/03/07

山梨県立防災安全センターは、東京都初の北区防災センターよりも早く開館した、全国でもかなり初期からある防災普及啓発施設の1つです。県の消防学校に併設する事もあり、実際の火と消火器を使った消火体験ができたり、一般的な防災体験だけでなく、講義などの防災教育にも対応しています。

1 県消防学校の敷地内にあります 2 県立防災安全センター 外観
山梨県立消防学校 正門からの眺め 山梨県立防災安全センター 外観
JR身延線東花輪駅近くの、釜無川沿いにある山梨県消防学校の敷地内にあります。 入口前に駐車場も多数ある、独立した平屋の建物は、県の防災倉庫も兼ねています。

3 センター内部の様子 4 地球の構造と世界の地震
防災安全センター内部 巨大地球儀
県の防災啓発施設のため展示数は多い。ただし機器や見せ方に古さは否めません。 世界の地震地帯と日本、またマントル対流とプレートの関係を模型で示しています。

5 視聴覚コーナー 6 自動消防用設備消火システム
視聴覚室 自動消防用設備消火システム模型
シアター未満ですが、多数の映像メニューを見る事ができ、各席のボタンから回答・集計も可能。 ビルを例にした模型の動作と音声で、煙の危険性と、防火・消火装置の働きを解説。

7 防災Q&A・LPガスの安全 8 木造家屋の耐震建築模型
防災Q&A端末 LPガスの安全 耐震木造家屋の建築模型
3択式のQ&A端末で防災クイズに挑戦。また災害時のプロパンガスの動作を学べます。 木造住宅での耐震工法や、インテリアの防災対策を模型で展示。やはり1970-80年代調です。

9 情報伝達システム 10 火災発生から消火まで
情報伝達システム 火災発生から消火まで
長野市防災市民センターと同じく、デマによる情報の不正確さを疑似体験できるコーナーです。 火災出火から鎮火と検分までの、消防活動の流れを、音声と電光パネルで解説します。

11 地震の恐怖コーナー 12 ブロック塀倒壊を模擬体験
恐怖の地震コーナー ブロック塀倒壊を模擬
このコーナーは、地震の揺れではなく、狭い路地裏のブロック塀倒壊の危険を喚起させます。 センサーに反応して塀が迫るほか、足元や周囲の仕掛けの作動するなど、珍しい内容です。

13 防災指導車で地震体験 14 防災指導車 起震装置
防災指導車 地震体験 防災指導車 起震装置
屋内の地震体験コーナーが故障で閉鎖のため、施設所有の防災指導車で地震体験します。 比較的新し防災指導車では、関東大震災など8種類を再現。山梨なのに西日本の大地震も。

15 食器類も揺れて実感アップ 16 自主防災資機材の展示
起震室内の食器類 自主防災資機材
起震車・防災指導車には珍しく、棚にはプラスチックですが食器もあり、実感も更にアップ。 自主防災活動の資機材や、家庭の防災用品などを陳列展示しています。

17 地震解説ジオラマ2点 18 亀裂断層発生システム
地震の仕組みなどの解説機器 亀裂断層発生システム
地震の仕組みを、動く模型で説明。直下型地震と海溝型地震の2種類があります。 直下型地震の仕組み・生じるた断層面・断層露頭部による被害を、音声付きで解説します。

19 断層による地盤災害 20 プレート境界型地震解説モデル
断層による地盤災害 プレート境界型地震解説モデル
断層による地盤災害を模型で展示。このような展示メニューも、全国的には珍しい部類です。 海溝型地震を引き起こす仕組みの模型を展示。プレートの沈み込みと歪みの開放も再現。


     

体験した印象

 山梨県立防災安全センターのオープンは1982年(昭和57年)。東京都初の北区防災センターよりも早く開館し、長野市防災市民センターや尼崎市防災センター等と並び、全国でもかなり初期からある防災普及啓発施設と言えます。ブロック塀倒壊模擬体験・断層地震再現ジオラマ・ガス爆発実験など、他になかなか見られない創意工夫のコーナーが多いのも特徴です。また、消防学校併設型の施設には多い傾向で、屋外で本物の火と消火器を使った消火訓練や、可搬式スモークマシンとテントを使った煙体験ができます。お時間に余裕のある方は、「訓練」を含んだコースを予約し、じっくりと体験しても良いでしょう。ちなみに、全てのメニューが可能なコースは、館内見学に加えて映像上映・講義・地震体験・消火や煙避難訓練が体験可能です。

 当時はかなり先進的かつ画期的だったであろう当施設も、1980年代の内容のままではそろそろ限界も間近。動作不良で動かないものがあったり、見せ方・内容にも昭和のレトロ感が否めません。近年の防災事情や教訓も盛り込み、リニューアルが望まれる時期でしょう。特に地方では、郊外に設置されがちな消防学校に防災体験館を併設する場合も多く、当施設も来館には不便な場所にあります。事情が許せばの話ですが、市民への意識啓発・来館を増進するためにも、消防学校とは切り離し、もっと交通アクセスの良い場所への移転リニューアルが必要かもしれません。

     

施設情報

外観  
所在地: 山梨県中央市今福991
MapFan Webで地図表示
URL: http://yamanashi-bousai.or.jp/
TEL: 055-273-1048
開館時間: 9:00-17:00
入館料: 無料
休館日: 第2/4日曜・祝日・年末年始
交通アクセス: 甲府昭和ICから県道3号昭和バイパス(甲府・市川大門線)浅原橋近く消防学校内、JR身延線東花輪駅より徒歩30分
駐車場: センター前に加え、消防学校にも多数あり

映像シアター あり 水害
119番体験 台風体験
地震体験 あり 土砂災害
津波 火山
消火体験 あり 応急手当
煙体験 あり 耐震補強 あり
ガイドツアー 見学のみ、見学・地震体験・映画・講義・消火訓練まで、6コースあり
随時開催(消火訓練を含むコースは事前連絡が良さそうです)