市民防災ラボ

  
HOME > 体験レポート > 防災体験館 > 気象庁 気象科学館
防災体験館 体験レポート

自分で起こそう震度7、気象・地震観測と津波を学べる併設型展示館   レポート
気象庁 気象科学館   訪問'07/09/07
気象博物館 内部
東京は大手町、お堀に面したビル街の一角に建つのが気象庁。その庁舎内に、気象博物館はひっそりと佇んでいます。入館無料・見学自由ですが、予約をすれば職員や気象予報士によるガイドも受けられます。ちょっと空いた時間のひと見学に、ちょうど良い施設です。さぁ、あなたは震度7の地震を起こす事ができるか!?

1 駅から近くて便利な気象庁 2 科学館は入口庁舎入って数秒
気象庁庁舎 気象科学館入口
東京メトロ大手町駅から徒歩5分。東西線竹橋駅だと4番出口の目前。徒歩1分の近さです。 気象科学館入口に目立つ案内表示などはなく、見過ごしそうな小ささなのでご注意を。

3 入口を入るとまず企画展示 4 気象庁のマスコットがお出迎え
企画展示ゾーン はれるん人形
入口そばには企画展示ゾーン。見学時には緊急地震速報の紹介をしていました。 気象庁のマスコットキャラクター「はれるん」がお出迎え。館内映像のはれるんの声は、みんなご存知のあの声です。→ 詳しくはこちら

5 気象観測用ロケット 6 気象レーダー制御卓
気象観測ロケット 気象レーダー
気象観測ロケットや、昔の観測機器など、気象観測の歴史を見る事ができる展示です。 昔、実際に使われていた気象レーダーの表示・制御卓の実物にも触れる事ができます。

7 天気予報の基礎コーナー 8 現代のAMeDAS気象観測機器
天気予報のしくみ アメダス気象観測機器
現代における、気象データ観測から天気予報になるまでしくみがわかります。 天気予報でおなじみ、アメダス(地域気象観測システム)って、実はこんな感じなんですね。

9 地震・火山・津波の脅威 10 歴代地震計と地震波の記録
地震観測・緊急地震速報の展示 数々の地震計
ここからが本格的な自然災害ゾーン。地震情報や津波予報、火山監視のしくみがわかります。 手前の大きな地震計には1994年北海道東方沖地震での、実際の地震波を見られます。

11 津波や地震の防災ミニシアター 12 気象ワークショップ
防災ミニシアター 気象ワークショップ
津波から命を守る方法から、「はれるん」気象研究室まで、数種類・3分弱〜17分のビデオ上映。 台風・高潮などの異常潮位の様子のビデオ上映や、資料を見ながら調べ物ができるスペース。

13 他にも様々な展示物が 14 震度実験装置で起こせ震度7!
館内遠景 地震計を利用した地震発生マシーン
単に歩いて一周すれば1分も掛かりませんが、じっくり見て歩くと、まだ様々な発見が。 最新の地震計を流用した地震発生マシン。きみは震度いくつまで出せるかな?震度7は結構振幅と速さが必要で、揺れの大きさを実感。


     

体験した印象

 一般的な防災体験館と比べるとかなり小振り、かつ体験メニューも少なめな施設です。ミニシアターで映画を見ても、普通の人なら小一時間。防災にあまり関心ない人なら、映画も見ずにザザッと回って、15分程度で回れる程度。駅からも近いので、無料でできるちょっとした時間つぶし・・・。そんな気軽さで訪れてみてもいいかもしれません。

 防災というと、つい災害時や災害後の対処ばかり注目しがちです。しかし、被害を身に受ける前の、早めの決断・早めの行動といった減災の方が、被害を身に受けてしまってからの対処法よりよっぽど大事。一般的な防災体験館ではあまり扱われない、災害前の防災・気象情報のしくみを知るためにも、機会があれば一度訪れてみるのはいかがでしょう。

     

施設情報

外観  
所在地: 東京都千代田区大手町1-3-4 気象庁1F
MapFan Webで地図表示
URL: http://www.jma.go.jp/jma/kishou/intro/kagakukan.html
TEL: 03-3212-8341
開館時間: 10:00-16:00
入館料: 無料
休館日: 日曜・祝日(土曜の場合開館)・年末年始
交通アクセス: 東京メトロ竹橋駅4番出口より徒歩1分、大手町駅C2出口より徒歩5分
駐車場: なし

映像シアター あり 水害
119番体験 台風体験
地震体験 土砂災害
津波 あり 火山 あり
消火体験 応急手当
煙体験 耐震補強
ガイドツアー 午前・午後(要事前予約、所要時間約1時間)
平日は気象庁職員、土曜日は気象予報士がガイドしてくれます。