市民防災ラボ

  
HOME > 体験レポート > 防災体験館 > 東京消防庁 消防博物館
防災体験館 体験レポート

駅から直結、徒歩0分。消防車やヘリにも乗れる、東京消防今昔体験パーク   レポート
東京消防庁 消防博物館   訪問'05/09/21

今回は、防災体験館とは違う「消防博物館」です。とはいえ、駅から直結しているらしく、ちょっとした寄り道ついでや暇つぶしとしても、立ち寄りやすい便利さが特徴のようです。

1 消防博物館の外観です 2 駅から直結、徒歩0分の近さ
消防博物館・四ッ谷消防署の外観 駅と直結する地下1階入口
四ッ谷消防署の1階から5階部分までが消防博物館で、界隈を見下ろせ自動販売機もある10階の休憩室も利用できます。 通常の1階出入口に加え、地下1階にも入口があり、東京メトロ四ッ谷3丁目駅2番出口に直結しています。アクセス性も良好です。

3 クラシック消防車がお出迎え 4 更に昔の消防馬車も
昭和30年代に活躍したはしご車 馬が牽引する蒸気ポンプ車
地下1階と地上1階は、東京消防庁の歴代消防車両を展示。子ども用消防服を着られる、防火衣試着コーナーもあります。 明治時代に活躍した馬牽き蒸気ポンプや、クラシック消防車も展示されています。一部の車は消防イベントで、走る事もあります。

5 まず現代の東京消防庁の紹介 6 子ども向けの消防オンステージ
3階では、現代消防について見る事ができます。3階に上がるとすぐの場所では、コミカルなジオラマショーが演じられます。 火事や救急要請にどのように対応するのか、かわいらしいミニチュアの街で、模型と共に映像と音と光で再現されます。

7 消防・救急の装備紹介コーナー 8 特殊装備の展示コーナーも
消防服や消火資機材など消防隊員の装備や、救急資機材をはじめとした救急隊員の装備が展示されています。 超高温に耐える耐熱服や化学防護服など、東京消防庁の特殊装備も、間近で見る事ができます。

9 子供に人気の消防Q&Aコーナー 10 他にもゲームや映像シアターも
消防や防災に関するクイズ端末も多数あり。防火や災害時の行動など、多岐に渉る防災の知識をゲームで学べます。 こちらは、ミニチュアの街で自分で消防車を動かして、火災現場への出場・消火作業などのミッションをクリアする実体ゲームです。

11 4階は明治から昭和の近代消防 12 5階は江戸時代の消防を紹介
明治時代から第二次世界大戦中までの、近代化しつつあった時代の消防資機材を展示。 「火事と喧嘩は江戸の華」と言われた、江戸時代の町火消しや大名火消しの姿を紹介。

13 火事と消火の様子を再現 14 当時使われていた資機材も展示
江戸の町屋で、火災が発生してから消火までの様子がジオラマで再現。光と影、音とナレーションで、刻々と展開してゆきます。 昔の火消し装束やまとい、手動ポンプ「龍吐水」なども展示されています。

15 実物の消防ヘリも展示 16 消防・防災用品販売コーナーも
消防ヘリ「かもめ」 地下1階の受付兼ミュージアムショップ
5階屋上では、実際に活躍していた消防ヘリ「かもめ」を展示。コクピットに乗る事ができます。1階にも「ちどり」が展示されています。 地下1階の受付兼ミュージアムショップでは、消防グッズや防災用品も売っています。


     

体験した印象

 地震・津波・火山に関する展示内容もありますが、主に東京の消防歴史博物館と東京消防庁の広報館といった趣の施設です。とはいえ、小難しいものではなく、大人から子供まで楽しめる内容で、現に小さなお子さん連れを多く見掛けるほどです。なお途中の階では、企画展を行う事もあり、今回見学した時は家具固定をはじめとした防災用品に関する内容でした。10階の展望ラウンジは、ガラス張りで三方に眺望が利くので、開放感たっぷり。自動販売機もあって、休憩には格好の場所です。

 また、ここに展示されているクラシック消防車は、消防イベントの際に館外へ出張するようで、防災イベントレポート#04 東京国際消防防災展の際にも、東京ビッグサイトで見かけています。ご覧の皆さんは、このページのどの消防車かわかりましたか?

     

施設情報

外観  
所在地: 新宿区四谷3-10 四ッ谷消防署内
MapFan Webで地図表示
URL: http://www.tfd.metro.tokyo.jp/ts/museum.html
TEL: 03-3353-9119
開館時間: 9:30-17:00
入館料: 無料
休館日: 月曜(祝日の場合翌日)・年末年始
交通アクセス: 丸ノ内線四ッ谷3丁目駅2番出口に直通入口あり
駐車場: なし

映像シアター あり 水害
119番体験 台風体験
地震体験 土砂災害
津波 火山
消火体験 応急手当
煙体験 耐震補強
ガイドツアー 定時開催(土・日・祝日の13:45より)