s 静岡県地震防災センター:防災体験館 体験レポート
 市民防災ラボ

  
HOME > 体験レポート > 防災体験館 > 静岡県地震防災センター
防災体験館 体験レポート

2003年1月リニューアル、津波ドームシアターや家屋耐震化など内容豊富に   レポート
静岡県地震防災センター   追補'06/08/28
全景
今回は私の地元、静岡県にある「静岡県地震防災センター」は、2003年1月にリニューアルオープン。津波ドームシアターや、まるごと家一軒分の実大耐震施工例が新たに加わるなど、より体感的で実際的な展示にパワーアップしています。

1 リニューアルしても同じ外観 2 ロビーで迎えるものは・・・
施設は見学体験フロアに加え、2つのホールと防災図書室・訓練室・会議室がある地上3階建て。災害時救助活動の拠点機能もあります。 吹き抜けのホールで大型情報モニターがお出迎え。団体ツアーの場合ここで案内映像を見ます。写真右上の垂れ幕は次の写真へと続き・・・

3 津波の高さを実寸大展示 4 次は家の骨組みが立つ展示
安政東海地震での静岡県内各地の津波波高が、実寸大で展示されています。ちなみに2階から写真を撮っているのに、こんなに高い・・・ 小さな家一軒分、屋根から外壁・間仕切りまでの軸組(壁などの構造部)があって、中に何やらコーナーが・・・何でしょう?

5 家具固定・耐震補強コーナー 6 防災グッズ実例コーナー
耐震補強や家具固定の器具の実物を、見て触ってより現実的に把握できそうです。簡単な解説パンフレットがあったらなお良し。 防災グッズ紹介コーナーは、特に非常食の解説がなかなか詳しくなっています。1日3食の非常食例を実物で挙げ、カロリーまで表示。

7 消火体験コーナーは同じです 8 消火ゲームは実際に水を放水
プールサイドのような部屋に大きなモニターがあり、水消火器や消火栓ホースが伸びています。好評のためかこれは従来と変わらず。 モニターに映る台所火事に、実際に水を放水します。画面は当たり判定付きなので、うまく当てないと消火に失敗しますよ!

9 改良された地震体験コーナー 10 家具固定の使用前・使用後
従来の2次元から、3次元的な揺れを再現できるものに改良。揺れの最後がちょっと驚きモノ、行ってみてのお楽しみに。 以前の煙避難体験コーナー跡に、家具固定した時としない時の結末が再現。解説や注意など詳細な説明があると更にいいのですが。

11 改良版TSUNAMIドームシアター 12 立体ドーム映像は迫力ですが・・・
 これは津波じゃなく、サーファー大喜びの、ただのビッグウェーブでは?
リニューアルの目玉、名前が少々アレですが、ドームが付いてパワーアップした津波体験コーナー。津波の基本的な解説が流れると・・・ 次いで、間延びする県内名所映像が延々流れ、突然こんな事に。でも、これは正しい津波の姿ではなく、間違った知識を与えてしまうかも?

13 1/50津波再現コーナーで確認 14 ホールで防災アニメも見ました
映像が終わると足元の、港や川や砂浜を再現した長さ30m×幅10m×深さ1mの巨大水槽で、実際の1/50スケールの津波を再現します。 団体ツアーで行くと、防災教育アニメ映画も見られます。小学生でもわかる内容ですが、詳しくは見てのお楽しみ・・・


     

体験した印象

 目玉はやっぱり津波ドームシアターでしょう。眼前の球形スクリーン映像と、足元の津波再現が連動しているのはよく考えられています。でも津波解説ムービーは、県下の風光明媚な風景が延々映し出されて、かなり間延び感が否めません。少々ひとひねり欲しいところです。例えば、折角の大型スクリーンとサウンドシステムなのだから、過去に実際あった津波映像や正しい対処と避難法など、体験型設備の利点を活かした、体感的かつ教育的価値あるコンテンツが見たいところです。

 また、津波の怖さを心理的に訴えたいという趣旨からと思いますが、映像に現れる津波は、巨大津波(波高数十メートル級で見られる砕波段波津波)を描きたい様でいて、実はただの一発波。波高や津波の形態は、地元にとって必要な、東海地震での想定津波を正確に反映したものではないので、見る人に間違った知識を与えかねないのではと、少々心配です。映像製作会社は当然防災には素人なので、発注者側がしっかりとした企画を出し、成果物をしっかりチェックしていれば、こうはならなかったのでは?「津波=怖い」という心理を植え付けるのみが目的であれば、これでもいいのかもしれませんが、防災先進県静岡なのだから、もう少し内容の正確性にも踏み込んで欲しい内容です。

 でも、家具固定・耐震補強・防災用品コーナーなどは、一見地味ながらも実践的で、こういった部分が結構実用に繋がる大事な部分だけに好評価に値します。地味で堅苦しいイメージのある広報館・博物館から、華もありつつ、以前と比べてより確実に実際的・教訓的になった今回のリニューアルは、なかなか良かったのではないかと思います。

     

施設情報

静岡県地震防災センター外観  
所在地: 静岡県静岡市駒形通5-9-1
MapFan Webで地図表示
URL: http://www.e-quakes.pref.shizuoka.jp/
TEL: 054-251-7100
開館時間: 9:00-16:00
入館料: 無料
休館日: 月曜・年末年始
交通アクセス: JR東海道本線・東海道新幹線静岡駅、静鉄新静岡駅より、静鉄バス西部循環(駒形回り)線「駒形5丁目」下車、徒歩2分
駐車場: 普通10台・大型4台

映像シアター あり 水害
119番体験 台風体験
地震体験 あり 土砂災害
津波 あり 火山
消火体験 あり 応急手当
煙体験 2003年廃止 耐震補強 あり
ガイドツアー 随時開催(受付へ申し出て下さい)