市民防災ラボ

  
HOME > 体験レポート > 事前対策
家屋事前対策グッズ体験レポート

防災グッズというと、非常食やラジオなどを想像しがちですが、それらは災害を無事切り抜けた後の被災生活で初めて役立つもの。災害が起こった時に家具が倒れたり、散乱した家具で逃げ遅れ、怪我をしたり死んでしまっては全くの無駄になります。防災対策では、被災生活グッズ以上に、事前対策が大切。つまり、災害が起きても怪我をせず・逃げ遅れず・被害を拡げない、そんな我が家にする事が肝心です。

家具固定グッズ

開き戸ストッパー
体験ファイル#01
外付開き戸ストッパー
台所・その他の吊り戸棚から、物が降ってくるのを防ぎたい。見た目より確実性を求めるなら、こうした物もあります。
転倒防止金具
ページ公開予定
転倒防止金具
最も古く、意外にも最も強固に固定ができる方法が、転倒防止金具による固定。近年では工夫された物もあります。
転倒防止安定板
ページ公開予定
転倒防止安定板
家具の下に敷いて転倒しにくくするのが、この転倒防止安定板と呼ばれるタイプ。果たして主役か脇役か?


     

安全確保グッズ

停電点灯ランプ
体験ファイル#01
充電式非常用蛍光灯
災害や暗い場所での突然の停電、困りものですね。停電を感知して自動的に点灯してくれたら、助かるものですが。
ガラス飛散防止シート
体験ファイル#02
ガラス飛散防止シート
地震や水害でガラスが割れると、避難の際に足を切って被災生活に大きな制限。そんな苦労を防ぐためにも。
 


     

災害警報グッズ

緊急警報放送受信機
体験ファイル#01
緊急警報放送受信機
1985年以来、テレビ・ラジオ電波で機器を強制起動し、主に津波警報を知らせます。将来新システムに移行予定です。
住宅用火災感知器
ページ公開予定
住宅用火災感知器
東京都では平成16年より、その他では平成18年より設置が義務付けられた火災報知器。どんなタイプがあるの?