市民防災ラボ

  
HOME > 体験レポート > 防災グッズ > 非常食 > MRE チリ&マカロニ
非常食試食レポート

非常食試食レポート:番外編
米軍MREレーション メニューNo.10 CHILI AND MACARONI

メニュー名から察するに、メキシカン・ラテン料理大好きな自分には、なかなかに期待できる一品です。実は、これを試食の様子を記録したのが、このコーナーのきっかけだったりします。それ以前は、防災グッズを試しても記録を取っていなかったので、このような形で紹介できる材料がありませんでした。そういう意味でも思い出深いレポートです。

MREレーションの概略や共通情報はこちらでご覧になれます。

1 今回はこれを試食しました 2 開封すると中身はこんな感じ
外観 内容物
第3世代のMREはタン色パッケージ。さらにメニューは年ごとに入替を行いながら拡大を続けています。 第3世代MREのはずなのに、内容物のパッケージは先代のまま。現在のものは内容物もタン色パッケージです。

3 アクセサリパケットの中身は 4 主食というべきクラッカー
アクセサリパケット クラッカー
タバスコ・塩、コーヒー・砂糖・ミルク、ガム、ウェットティッシュ・ちり紙、マッチです。とかくアメリカ人はガムが好きですね。 ナビスコプレミアムの4倍ほどのクラッカーが2枚。単体ではちょっとパサつき粉っぽい・・・

5 グレープゼリーをつけるとGood 6 飲み物を準備します
グレープゼリー ドリンク粉末
甘さ控えめなこれはジャムとしてGood。クラッカーのパサつきも抑えてくれます。 34gの粉末をシェラカップに注ぎ、指示通り12oz(約300ml)の水に溶かす。なんか既に不健康そうな色が不安を煽る。

7 激甘オレンジジュース完成(泣) 8 意外にイケてる洋なし
オレンジジュース 意外にイケる洋なし
チェ○オの様な毒っぽい色+10円粉ジュースのような作りモノの味。甘党の自分でも持て余す凶悪さ。涙なしには飲めぬ味・・・ 保存料などの影響でしょうか、洋なしにしてはちょっと・・・の見た目と裏腹に、なかなかおいしいです。

9 こちらはおいしいメインディッシュ 10 食後はやっぱりコーヒー
こちらはおいしいメインディッシュ コーヒー
これはおいしい!チリ&マカロニ。適度なチリ味に、タップリひき肉&保存食にしてはコシのあるマカロニで元気回復! 味は至って普通のインスタントコーヒー。オレンジジュースで懲りた分、普通がいいです。

9 間食・おやつ その1 10 間食・おやつ その2
オートミールクッキーバー キャラメル
落雁のように押し固めた食感のオートミールクッキーバー。大きさの割になかなかズシッとくる重さです。 ベチョッと溶けたキャラメルが入ってました。これもなかなかにして激甘です。

9 3つ目のドリンクはココアでした    
粉末ココア  
国産のものと遜色なく、普通においしいココアです。見た目、粉の量が多いですがきちんと溶けました。  



     

「MREメニューNo.10 チリ&マカロニ」のデータ・個人的評価

外形寸法 W14cm
D20cm
H7cm
総重量 840g 包  装 レトルト
パック
内容量 おかず227g
洋なし127g
総カロリー 1100kcal 調理法 ヒーター付属
基本的不要
調理性 ★★★★☆ おいしさ ★★★★☆ 食べ易さ ★★★★☆
満腹度 ★★★★★ 携帯性 ★★★☆☆ 保存期間 5年〜?
感  想 ここはいい!
メインディッシュ(チリ&マカロニ)・フルーツ(洋なし)ともなかなかおいしく、食べ応えもあり、やはりMREの中でも評判の高いメニューだけのことはあります。

非常食といえばカンパンを真っ先に思い浮かべる私達日本人にとって、非常食はともかく保存性重視の耐久食。しかし、MREレーションを前にするとそんなイメージなど吹き飛ばしてくれるものがあります。不便な非日常空間でも、ひとパックにフルコースを詰め込んで、あまつさえヒーター付きで温かい食事まででき、激しい運動も考慮したカロリー・栄養まで網羅してしまう所に、アメリカとの尋常ならざるスケールの違いを感じますね。

ここはちょっと?
近年のメニューではかなり改善が進んでいるものの、日本人の味覚には少々キツイ部分があるのは確か。洋食好きの人なら結構大丈夫でも、純和食党の人には違和感を感じる部分も多いかもしれません。また、限られた分量で重作業を行う成人男子のカロリーを満たすため、どうにも激甘メニューのオンパレードになりがち。この甘さは日本人の常識を越えています。

総評
環境の違い・カロリー面での制約ゆえに味に改善の余地ありではあるものの、他のほとんどの面(調理性・保存性・自立性・携帯性・栄養面・食べやすさ)は現存するものの中ではこれ以上ない高レベルで満たしているシステマチックな携帯食糧です。
しかし、実は日本国内で市販されている様々なものを組み合わせると、このMREには劣るものの、日本人の味覚にあったそれなりの非常食パックを作れそうです。
購入価格 6800円/12食セット
(1998年6月当時)
試食時期 1999年12月

↑ 非常食 トップへ ← 前のレポートへ 次のレポートへ →