家庭の自助と地域共助−市民防災対策を提案する
市民防災ラボ
  
ホーム > 体験レポート > 防災グッズ > 非常食
被災生活のための非常食体験レポート

食物アレルギーを持つ人の非常食に転用可能 レポート
みんなのやさいカレー  

筆者は食物アレルギー体質ですが、被災地での活動つまり災害時の食事には気を遣います。国が定める食物アレルギー表示義務食品は30弱あるため、被災者向けの公的備蓄食糧は、対応しきれないのが実情です。それだけに、ニーズを抱える家庭での自衛策は絶対不可欠といえます。一般にアレルギー対応食は長期保存に向かない物が多い中、非常食にも流用できそうな物もあるのでご紹介します。もちろん一般健常者でもおいしく食べられます。

「みんなのやさいカレー」の試食リポート

1 まずは商品外観です 2 添加物・動物性油脂を不使用
みんなのやさいカレー 外観 湯煎不要の秘密は動物性油脂不使用
レトルトでよくある紙箱入りでなく封筒状の紙パッケージ入り、今回は甘口カレー 動物性油脂不使用、冷めても固まらないオリーブオイルを使い湯煎も不要です

3 裏面には不使用アレルゲン一覧 4 中身は不透明レトルトパック
裏面表示 使用しない食物アレルギー対象食品一覧 不透明レトルトパック
特定原材料24品目に加え、反応する人もいる2品目(バナナ・ごま)も不使用の徹底ぶり シンプルな印刷の表示シールを貼っただけとはいえ、きちんと不透明レトルトパック入り

5 シンプル表記な原材料表示 6 湯煎しても・しなくても喫食可
原材料表示 湯煎風景
トマトベースに香辛料、玉葱・じゃがいも・人参の具、コクの秘密か昆布や椎茸も レトルトは生産時に加熱調理済、オリーブ油を使うため災害時にはそのまま食べられます

7 試しに湯煎せずに食べてみます 8 自然派野菜カレーでもコクがあり
盛り付けたみんなのやさいカレー みんなのやさいカレー 具材アップ
湯煎しない本品と冷めたごはんで食べましたが、固まった油脂も見られません コクもありつつ、さっぱりとした後味で、普通のヘルシーカレーという感じ




  

「みんなのやさいカレー」のデータ・個人的評価

製品名 みんなのやさいカレー
現在は
みんなでごはんやさいカレー
 
販売業者 (株)千野米穀店
購入価格 420円(2005年6月当時)
試食時期 2005年7月
外形寸法 W20.3×H15×D1cm 総重量 200g 内容量 170g
カロリー 128kcal 包  装 不透明レトルト 調理法 湯煎3〜5分
湯煎なくてもOK
調理性 ★★★★★ おいしさ ★★★★★ 食べ易さ ★★★★★
満腹度 ★★★☆☆ 携帯性 ★★★★☆ 保存期間 2年
感  想 ここはいい!
最悪は湯煎なしで喫食可能。実際食べても問題なく、まさに非常食向きです。なぜなら、元々レトルト品は製造時に加熱調理済なうえ、本品では固まらない植物油を使っているため。同様の冷製カレーが、大手メーカーなどから出ていますね。もちろん、普通のカレーでは、もっとコクのある物は多くありますが、本品は企業秘密や思わぬ食材などでコクも出しています。1週間3食全てカレーを食べ通すほどの私でも、素直に言いましょう。「これはおいしいヘルシーカレーだ!」と。厳しい原料制限があるとは思えないその味は、5年の歳月を掛けた創意工夫と相まって、よくぞここまでと感心です。

ここはちょっと?
1袋400円という値段は、正直高いです。でも、これは単なる商売だけの品ではなく、納得に値するものを持っています。願わくば、もっと多くの人に知られ、価格が下がることを期待したいですね。そうすれば、大人にはちょっと少なめの170gだけでなく、大盛り商品など種類も増えるのかもしれません。

総評
食物アレルギー主要5品目(卵・小麦・大豆・牛乳・米)対応品が多い中、厚生労働省が定めた特定原材料24品目(卵・乳製品・小麦・そば・落花生・大豆・鶏肉・豚肉・牛肉・くるみ・オレンジ・キウイフルーツ・もも・りんご・やまいも・まつたけ・さけ・さば・あわび・いか・いくら・かに・えび・ゼラチン・米)に加え、2品目(バナナ・ごま)と食品添加物も一切使っていません。また動物性油脂を使用せず、オリーブオイルを使っています。