市民防災ラボ

  
HOME > 体験レポート > 防災グッズ > 非常食 > 水戻し餅 もち万年
非常食試食レポート

非常食試食レポート:ファイル#17
水で戻してできあがり! 水戻し餅 もち万年

水戻し餅の第2弾は浪花節入った商品名「もち万年」。前の水戻し餅(保存用即席乾燥餅)が、簡単便利な割に量が少なく食事として成立しませんでしたが、今回は果たして使える代物かどうか・・・不安を抱えつつ検証してみます。

1 パッケージ外観です  2 中身を取り出してみると
商品外観  内容物一覧
一辺17cm程度、厚さ2cmの正方形型のパッケージに商品名。「お水でもどしてスグ出来る!」のコピーが目に付きます。  中には乾燥餅6個、きな粉、調理用トレー、プラスチック爪楊枝が入っています。

3 乾燥餅のアップです  4 こちらは調理用トレー
乾燥餅のサイズを測る  トレー全景
6cm×5cm程度の大きさの乾燥餅は、ホテルにあるアメニティセットの石鹸より一回り大きめ。  調理用トレーは水戻し用・きな粉まぶし用の2つに分かれています。プレスされた文字が変に味のある書体で印象的。

5 トレーに水を入れます  6 乾燥餅を浸して戻します
トレーに水を注ぎます  乾燥餅を入れます
トレー左側「水皿」と書かれた方に水を注ぎます。一杯まで入れない方がいいでしょう。  乾燥餅を投入し水に浸します。戻す際は6個全部一度に戻すと餅同志がくっつき厄介。

7 今度はきな粉を用意します  8 餅にまぶして出来上がり
きな粉を開けます  餅にきな粉をまぶします
今度はトレーの「きなこ皿」と書かれた方にきな粉を開けて、慣らしておきます。  餅を乗せたら、付属の爪楊枝できな粉をまぶしてできあがり。以後これを繰り返します。

9 さて食感のほどは?     
  
水戻し餅よりよく伸び、大きめのせいか少々は食べた実感あり。とはいえ満腹にはほど遠いです。きな粉はかなり甘め。   


     

「水戻し餅 もち万年」のデータ・個人的評価

製品名 備食 もち万年 ネットではこちらで購入できます
もち万年
1個売り
製造業者 北陸製菓株式会社
製造元:おむすびころりん本舗株式会社
購入価格 300円(2003年12月当時)
試食時期 2004年8月
外形寸法 W16.5cm
H17.5cm
D2cm
総重量 73g 包  装 アルミラミネート
内容量 餅4.5g×6枚
きなこ15g
総カロリー 221kcal
(メーカー談)
調理法 水に戻す
調理性 ★★★★☆ おいしさ ★★★★★ 食べ易さ ★★★★★
満腹度 ★☆☆☆☆ 携帯性 ★★★☆☆ 保存期間 5年
感  想 ここはいい!
一番のメリットはその軽さ。加えて水に浸すだけという調理性も大きいです。きな粉の量も結構多めにあり、十分まぶして楽しむことも出来そうです。以前にレポートした水戻し餅より餅も大きめでよく伸び、より餅らしい食感。量の割にはパッケージ寸法が小さめなのも勝っています。フリーズドライを水に戻しているので普通の餅よりも喉に詰まりにくい点は、他の水戻し餅同様です。

ここはちょっと?
とは云っても、6枚の餅を全部食べて、ようやく普通の切り餅1個を食べたという程度。食事というよりおやつ程度の量に過ぎません。調理は簡単とはいえ、内容量が少ないのは致し方ないところでしょうか。食事として考えると、これの倍量はせめて欲しいです。商品重量は相当軽いので、倍にしても問題なさそうですが、倍になると価格面で割高感があるからでしょうかしょうか。

総評
水さえあれば簡単調理なのは水戻し餅全般のメリットですが、様々な水戻し餅の中でも、これ商品寸法が小さくそれでいて量は若干多め。このメーカーの商品はきな粉餅だけなので、あんころ餅とまではいかなくても磯部巻きなど欲しいですね。経営の危機にあった長野の有名フリーズドライ食品企業おむすびころりん本舗が製造している点も、長野にゆかりのある者としては注目点です。

↑ 非常食 トップへ ← 前のレポートへ 次のレポートへ →