市民防災ラボ

  
HOME > 体験レポート > 防災グッズ > 非常食 > THE ARK III
非常食試食レポート

非常食試食レポート:ファイル#14
世界各国で御用達、国際的救難食 THE ARKIII

3日間命を繋ぐため最低限必要なものを1箱に、その名はTHE ARKIII。アメリカ沿岸警備隊や諸外国の難民救援食糧でも使われてます。非常食というよりサバイバル食に近い本品ですが、3年の保存期限を前に、我が家の非常食入替のため遂に試食できました。

1 この大きさに3日分 2 パッケージ外観です
手に持った感じ パッケージ外観
THE ARKとは聖書のノアの「箱舟」の事で命を救う象徴。ちなみに聖書中の箱舟は、上の様な船形でなく直方体の文字通り箱舟で描写。 幅30cm弱の1箱に、食糧・水・エマージェンシーブランケットがピッタリと収まっています。

3 箱を開けてみると 4 中身を出してみました
箱を開封 内容物を並べてみる
1枚の説明書きとラミネートされたパックが詰め込まれています。 ブロック状の食糧が1パック、水パックが6つ、ブランケットが1パック入ってます。

5 エマージェンシーブランケット 6 ブロック状の固形食糧
訳すと非常用毛布 真空パックされた固形食
ポリエチレンにアルミ蒸着された薄いフィルムが畳まれてます。これのテストは後日。 全680gで9ブロックに分かれ、-40〜148度の環境で5年間保存可。これで成人1人3日分で全部で3600kcal。

7 ブロック食を開封してみます 8 ブロック3個で1日分
固くて手がベタ付く固形食糧 1日分3ブロック、大きさの割にで油分多めなのはカロリー稼ぎ?
3cm弱の厚さでもコキッと簡単に割れる、堅さと脆さの絶妙なバランス。ブロック1個は約400kcal。 食感はフルーツ風味の失敗クッキーで、カロリー稼ぎか油分多め。始め硬いものの数回噛み砕くと崩れやすくなります。

9 1パック125ccコンパクト飲料水 10 お味はどうかというと・・・(--;
かなり過酷な環境で保存できるのはビックリ 保存性と・コンパクトさは素晴らしいけど、味が・・・
アルミラミネートパックで-40〜110度の環境で長期保存可能。コンパクトさもGood。1日分は2パック250ccでかなり少なめ。 ポリエチレン臭が移ったのか結構まずい。命に危険がない限りお世話になりたくないかも。風味には敏感なタイプなので個人的にはキツイです。

9 これで1人1日分の量 10 水に溶かしてみます
これが1日分では確かに少ない 1食分のブロックを水に溶いてみます
1日分合計で水250cc、総熱量は基礎代謝量より少ない1200kcal。非常食というより最低限命を保つサバイバル食。 どうしても硬いという方や、衰弱時・乳幼児向けに、水に溶く事ができるかを実験。

9 ある程度まで砕いてから溶くべし    
水に溶くと結構微妙な味  
初めは相当硬く割り箸では折れそう。ある程度までよく砕くこと。後は急に溶けます。非常時は仕方ないですが、水だけで溶くと結構微妙な味かも。  



     

「THE ARKIII」のデータ・個人的評価

製品名 THE ARK III ネットではこちらで購入できます
THE ARKIII
製造業者 アメリカ
サバイバーインダストリーズ社
輸入業者は株式会社エル・ビー・エス
購入価格 2980円(1998年4月当時)
試食時期 2003年4月
外形寸法 W280×H160×D65mm 総重量 1.7kg 包  装 ラミネート
真空パック
内容量 固形食680g
飲料水750g
総カロリー 3600kcal 調理法 不要
調理性 ★★★★★ おいしさ ★★☆☆☆ 食べ易さ ★★★★★
満腹度 ★★☆☆☆ 携帯性 ★★☆☆☆ 保存期間 5年
感  想 ここはいい!
意外にもブロック食の味はそこそこで、あんずの様なフルーツ系の味。サバイバル食として割り切った内容にしても、幅広い温度環境に耐え、かつ長期保存できるよう3日分の必要物をパッケージできているのは秀逸なサバイバル食セットといえるでしょう。一切調理不要でこれだけの物はなかなかないでしょう。

ここはちょっと?
個人的には、水のまずさに尽きました。ラミネートパックで、非常用飲料水としては画期的なコンパクト性を実現できたものの、反面長期保存時の変質リスクはあり得るのでしょう。そもそもレトルトはじめラミネートパックは、瓶や缶と違いガスパリア性がないので、微量ながら通気してしまうもの。消費者として、ラミネートパックものは、保存条件によっては変質する可能性があることを承知する知恵が必要がでしょうか。メーカー側の努力も求めたいところです。

総評
水さえ何とかなったら相当いい緊急避難食になる事でしょう。とはいうものの、通常の食事のような満足感や食事の楽しみはありません。あくまで当座の命を保つためのサバイバル食と割り切っておきましょう。高温から低温にまで耐えるので、車に入れておくのもまたいいかもしれません。
ちなみにこれは国産品ではなくアメリカのメインステイ社が製造する物の輸入品で、ブロック食は"Emargency Food Ration"(略してEFR)というのが正式名称です。(写真No.6,7,9で商品名・会社ロゴがわかります)

↑ 非常食 トップへ ← 前のレポートへ 次のレポートへ →