市民防災ラボ

  
HOME > 体験レポート > 防災グッズ > 非常食 > 安心救命食
非常食試食レポート

非常食試食レポート:ファイル#13
安くてコンパクトでも長持ち 何かと使える 安心救命食

量販店をブラブラしているうちに、安さにつられて目に付いたのが、今回紹介する『安心救命食』。救命食とはいえ、気軽に食べられそうなコンパクトサイズなので、食事と言うより、ハイキングや山行などの補助食という気もしますが・・・

1 パッケージ外観です 2 裏書きも見てみます
パッケージ 内容物一覧
元々軽くてコンパクトですが更に折り畳め、ポケットやちょっとした場所に突っ込んでおけるサイズに。 いろんな用途にどうぞって感じです。低山ハイキングの予備食糧などにも良さそう。

3 いよいよ中身とご対面 4 ゼリーバーとグルコースバー
パッケージを破って出てきたものは ゼリーバーとグルコースバー
レトルトパックの様なラミネートの中から、個別包装された2種類のモノが出てきました。 各々ミニようかんをひと廻り大きくしたサイズで3口分位。大口開けば1口サイズ(笑)

5 ゼリーバーは柑橘系の酸味 6 強烈に酸っぱいグルコースバー
個人的にはこういう和風ゼリーって苦手だけど、これならまぁまぁOKかな? 昔食べた「クイッククエンチ」をしのぎ「スーパーレモン」級の強烈な酸っぱさ
一見自分には苦手な和風ゼリーっぽい外見。でも意外にもオレンジ系の酸味。砂糖でベタ付くのが難点だけど、まあまあかな グルコース=すぐエネルギーになりやすいブドウ糖。クエン酸入りといえ酸っぱさ強烈過ぎ!疲労時や緊張時にはむしろいいの!?

7 食感はどんな感じ?    
   
ジャリッとしたゼリーバー&コキッ・・・ボソボソという感じのグルコースバー。食事じゃなく、ちょっとブレイクという程度の量かな。  



     

「安心救命食」のデータ・個人的評価

製品名 安心救命食 ネットではこちらで購入できます
安心救命食
単品販売
20個単位
製造業者 アルファー食品株式会社
サイトの商品一覧には載っておらず、多分製造は他社に委託している?
購入価格 320円(1999年10月当時)
試食時期 2003年4月
外形寸法 W165×H190×D20mm 総重量 116g 包  装 ラミネート
内容量 ゼリーバー60g
グルコースバー30g
総カロリー 316kcal 調理法 不要
調理性 ★★★★★ おいしさ ★★★☆☆ 食べ易さ ★★★★★
満腹度 ★☆☆☆☆ 携帯性 ★★★★☆ 保存期間 5年
感  想 ここはいい!
5年保存・コンパクトさ・そのまま食べられる事の3点が最大のポイントですね。爽やかな柑橘系の味付けにしたのは万人向きで正解。グルコースバーというか固形のブドウ糖という、スポーツ・登山系の商品でなかなか一般には知られていない良品に着目したのも、ただのキャンディーよりもグッドアイデア。

ここはちょっと?
コンパクトさと引き換えに、カロリーが300kcal程度と少なめ。安静にしても1日に必要とするカロリー(基礎代謝量)の1/5しかありません。また、和風ゼリーっぽい食感のゼリーバーは子供にとって好みが別れるかもしれず、グルコースバーの酸っぱさがお年を召した方には強烈に感じるかもしれませんね。あと、中身の大きさに比べパッケージが大きすぎて、元々良い携帯性をちょっと損ねているかも。

総評
はっきり言って、非常時の「食事」ではなく「ちょっと一息程度のお菓子」と割り切りましょう。これを食事にするのはちょっとお腹も気分も保たないです。1つ2つくらいをポケットやハイキングのザック・非常持出袋に忍ばせておくのが、この商品のコンセプトなんでしょう。休憩時にちょっと一口食べる「行動食」的な用途というところですね。

メーカーの方に要望:
もっとコンパクトなパッケージングができれば携帯性も良くなる上、多人数向けのスタック化商品もできて、更にメリットがあるんじゃないかと個人的には思いますが。

↑ 非常食 トップへ ← 前のレポートへ 次のレポートへ →