家庭の自助と地域共助−市民防災対策を提案する
市民防災ラボ
  
ホーム > 体験レポート > 防災グッズ > 非常食
被災生活のための非常食体験レポート

お湯はもちろん、水を注ぐだけでもできる、年輩者・乳幼児にもやさしい非常食 レポート
フリーズドライお粥 梅粥  

いざという時、食べ物を口にする気はなかなか起きないもの。そんなときでも食べやすく、ご年輩者や乳幼児、病弱な人にも優しい長期保存可能なフリーズドライ粥を今回は試してみました。

「フリーズドライ小梅粥」の試食リポート

1 パッケージ外観です 2 中身を出してみました
パッケージ 内容物一覧
フリーズドライなので水分はなくなっており、持ってみると驚くほど軽いです 中身はブロック状の乾燥粥、乾燥梅、スプーン、脱酸素剤、包装が少々開けにくい

3 乾燥粥ブロックの袋 4 乾燥粥をパッケージに投入
四角い餅状にフリーズドライされたお粥 ほぐして中身を開けます
今回は災害時を考えて水で調理、水の場合は乾燥粥のブロックをほぐすよう指示あり ほぐした乾燥粥をパッケージに入れます、最悪このままでも食べられそうですが

5 水を注ぐ目安は裏面に 6 160ミリリットル注水します
パッケージ裏面説明と注水線 注水
パッケージ裏面の外側に注水線があるので、それを目安に水を注ぎます 注水量は160mlとそれほどに多くない、注水線はパッケージ内側にあれば、なお良いかと

7 付属スプーンで、1分かき混ぜます 8 付属の乾燥梅を振りかけて
かき混ぜて調理終了 乾燥梅を振りかける
すぐ柔らかくなり食べられる状態に、水の場合は全体が水を吸うようしっかりと 味のアクセントに付属の乾燥梅を掛けます、無くてもそのままで十分食べられます

9 できあがり    
フリーズドライおかゆ 小梅粥  
低塩仕上げながら、粥自体にも塩味も効いており、アクセントの梅味も心地よい  




  

「フリーズドライ小梅粥」のデータ・個人的評価

製品名 小梅粥 天然梅干し入り  
販売業者 株式会社おむすびころりん本舗
購入価格 350円(2000年4月当時)
試食時期 2002年9月
外形寸法 W140×H160×D40mm 総重量 26g 内容量 乾燥粥16g
乾燥梅1g
カロリー 64kcal 包  装 ラミネート 調理法 水を注ぐだけ
調理性 ★★★★☆ おいしさ ★★★★☆ 食べ易さ ★★★★★
満腹度 ★☆☆☆☆ 携帯性 ★★★☆☆ 保存期間 5年
感  想 ここはいい!
何と云っても水を入れてかき混ぜるだけの簡単さ。低塩仕上げなだけに、年配者でも乳幼児にも安心で助かります。本体が非常に軽いうえ、水以外に必要なものは全て入っているので食器・箸類がなくても十分です。思いの外、腹に溜まった感じあったのはやはり粥だけに水分の多さか?といっても必要な水の量はたった160ccで、災害時には貴重な水も大して使わないので助かります。

ここはちょっと?
決定的な不足点はカロリーで、1食わずか64kcal。これ以外に何か一緒に食べないと大幅なカロリー不足。また写真付きレビューでも書きましたが、注水目盛り線がパッケージ内側にあればもう少しや調理しやすいかと。

総評
年輩者や乳幼児、嚥下・咀嚼障がい者向けの非常食には便利な品です。近年では改善しつつあるものの、被災者向けの公的備蓄食糧は、こうした方々にはまだまだ硬くて食べにくいものが多い傾向にあります。また、そうした災害時要配慮者向けの食糧の多くは缶入りお粥で、被災現場では、物はあってもスプーンなどの不足で配食されない事態もありました。
水と本品があれば食器類もオールインワンで事足りるので、必要な家庭は事前に備えておくのが良いでしょう。同様の商品は多数あるうえ、近年では注水量の加減で普通のご飯やおじやなど堅さ調整できるアルファ化米も増えているため、一般健常者向けと共用できるユニバーサルな製品も増えています。