家庭の自助と地域共助−市民防災対策を提案する
市民防災ラボ
  
ホーム > 体験レポート > 防災グッズ > 非常食
被災生活のための非常食体験レポート

お湯はもちろん注水だけでも食べられる、非常食のネクストスタンダード レポート
アルファ化米 わかめご飯  

今回は非常食のみならず、アウトドアスポーツや海外旅行のお供にも使われ、乾パンに代わる非常食のネクストスタンダードとして、店頭でも見掛ける事も多くなったアルファ化米にスポットを当ててみます。防災訓練の際の炊き出しでもよく用いられますね。炊飯いらず水・お湯だけでご飯ができる、その秘密とはいかなるものでしょう。

「アルファ米 わかめご飯」の試食リポート

1 今回試食したのはわかめご飯 2 個食パックを開けると中身は
アルファ化米 3タイプ 外観 アルファ化米 個食パック内容物
アルファ化米は和洋様々な味がありますが、今回はシンプルなわかめご飯を食べてみます 乾燥わかめ入りアルファ化米、ゴマの袋、プラスチックスプーン、脱酸素剤が入ってます

3 パックの中を覗くと 4 注水線まで160cc水か湯を注ぐ
アルファ化米 個食パック内面 アルファ化米 注水
炊飯状態で熱風乾燥し、半透明に透けたアルファ化米、乾燥ワカメが入っています 災害時を想定し水を注ぎ、付属スプーンで撹拌します、内側の注水線がわかりやすい

5 チャックを閉めて数十分放置 6 水もこぼれずザック類に入れ行動可
ジップを閉じて時間まで放置
袋のチャック(ジップ)を閉じて放置、水なら1時間分、お湯なら20分待ちましょう チャックを閉めれば水漏れせず持ち運び可能、ザック類に入れ行動を継続でき便利

7 そろそろ出来上がりなので開封 8 肝心の味と食感は
アルファ化米わかめご飯 できあがり アルファ化米わかめご飯 できあがり中身
袋を開けると、ワカメの香りの先に、おにぎり2個分くらいのご飯が、付属のゴマを掛けます 昆布・ホタテ風味と塩味が効いたおいしさ、前夜の炊き込みご飯を翌日に食べる食感

9 巨大な50人前セットもあります 10 抱えてみるとこんなにビッグ
災害対策備蓄用アルファ化米 5kg入り50人前 災害対策備蓄用アルファ化米 大きさ比較
大口備蓄用に市販される50人前セット、箸・配食資材もあり、後はお湯か水を入れるだけ 抱えるほどのサイズ、自治体や地域の防災備蓄や、炊き出し訓練にも使われます




  

「アルファ米 わかめご飯」のデータ・個人的評価

製品名 アルファ米 わかめご飯  
製造業者 尾西食品株式会社
アルファ化米の歴史・解説もあり
購入価格 320円(2000年1月当時)
試食時期 2002年10月
外形寸法 W15.8×H14×D2.5cm 総重量 118g 内容量 100g
カロリー 355kcal 包  装 アルミパック 調理法 お湯か水を
160cc注水
調理性 ★★★★☆ おいしさ ★★★★★ 食べ易さ ★★★★★
満腹度 ★★★☆☆ 携帯性 ★★★★★ 保存期間 5年
感  想 ここはいい!
やぱり、お湯か水を注ぐだけの簡便な調理性です。水分も水でも良く、160ccしか必要としないので、災害時には助かります。量も1パックでおにぎり2個分、カロリーも1袋で355kcalで普通のご飯とほぼ同じです。炊きたての味とはいきませんが、水で作った場合でも、前夜に作った炊き込みご飯の残りを翌日の昼食弁当で食べる位の感覚。保存食にしては想像以上においしいという声が多く、かなり普通のご飯に近いものがあります。

ここはちょっと?
これといった不満はありません。強いて言うなら、水のない環境下でも食べられるように、いっそのことARKIIIのような長期保存可能な水パックとのセットを作ってみてはどうでしょうか。とはいえ、飲食時の飲み物も欲しいので、アルファ化米1食に市販の500ml入り保存飲料水1本を買い足せば、調理込みでちょうど良いでしょう。

総評
味・量・調理性・コンパクトさどれを取っても、大きな不満のないまさに日本人向けの非常食です。その食べ易さ・便利さにより、1995年の阪神淡路大震災以降は、明治時代からの乾パンから、当時アウトドアブームで普及しつつあったアルファ化米へと、非常食の主流が代わり、今や非常食のネクストスタンダードとなった感があります。日本人にはやっぱりお米ですね。保存期限も5年が主流で安心です。

各社からいろんな種類が発売されていて、白米から炊き込みご飯系やドライカレー・ピラフ系まで、知る限りでは20種類以上の味の中から、お好きな物を選べる時代になりました。なお、食物アレルギー対応品も複数会社より複数メニュー出ており、中には、厚生労働省が定める特定原材料25品目を全て不使用の物まで出ています。筆者も食物アレルギー持ちのため助かっています。

なお1990年代には、アルファ米の白米を、酸っぱいとか風味に違和感を感じる方の声も聞きました。今は改良されたのか気にならないレベルですが、そうでない方も含め、白米より味付きタイプを選ぶ方がおいしいし無難だと、個人的に感じています。