市民防災ラボ

  
HOME > 体験レポート > 防災グッズ > 非常食 > リッツ保存缶
非常食試食レポート

非常食試食レポート:ファイル#01
「避難先でもリッツでパーティー!?」 リッツ5年保存缶L

さて記念すべき第1回は、皆さんおなじみナビスコリッツの長期保存バージョン「リッツ保存缶」のLサイズ。スーパー・量販店で見かける事も多いこの品、普通のリッツとどこがどう違うのかな?何事もなく5年間を過ごした退役記念にパーッと食べてみました。

1 これがリッツ缶Lだ! 2 5年間保存できる秘密は?
リッツ缶全景 表示部分アップ
缶の全景です。高さ18cmとなかなかのビッグサイズです。まるで鼓のよう。ポン♪ どうやら缶入り密封の上、脱酸素剤が入っているのが、5年間保存の秘密のようです。

3 ビニール製のふたを取ると 4 「防災のしおり」が入ってます
ふたを取ると 防災のしおり
半透明のビニール製のふたを取ると、何か紙が入っています。よくよく見てみると・・・ 「グラッときた時の10の心得!」「日ごろの備え」が。無事交換の場合は教訓的ですが、グラッと来た後に開けた場合どうも(^^;

5 プルトップで缶が開きます 6 開けるとおなじみのリッツが
プルトップ ふたを開けると
防災のしおりの下はプルトップになってます。これなら力の弱い方でも簡単オープン。 おなじみのアルミパッケージに、85g(25枚)×5パック。合計125枚入ってます。

7 中身は至って普通のリッツです 8 脱酸素剤はここにありました
中身は普通のリッツ 脱酸素剤
味は全く普通のリッツ。5年経っても新鮮サクサクでおいしい!でも一気に食べ切るのはよしましょう(さすがにできないか ^^;) 缶底に丸い紙があって、その下に脱酸素剤(例の「たべられません」)が入ってました。



     

「リッツ保存缶L」のデータ・個人的評価

製品名 リッツ保存缶Lサイズ 楽天市場で購入できます
リッツLサイズ缶
リッツS・L各サイズ

一般家庭向け
リッツ一斗缶
リッツ一斗缶

自主防・団体向け?
製造業者 ヤマザキナビスコ
購入価格 580円(1997年当時)
試食時期 2002年2月
外形寸法 W13.5cm
D13.5cm
H18cm
総重量 705g 包  装 アルミ缶
内容量 85g×5
=425g
総カロリー 415kcal×5
=2,075kcal
調理法 必要なし
調理性 ★★★★★ おいしさ ★★★☆☆ 食べ易さ ★★★☆☆
満腹度 ★★★☆☆ 携帯性 ★☆☆☆☆ 保存期間 5年
感  想 ここはいい!
何と言っても調理不要で、缶を開けたら即食べられるのがGood。しかも食べ慣れた味でついつい食べてしまうおいしさ。災害のショックで食を受け付けない時でも、1枚1枚は小さいため口にし易い。また、5本パックに小分けされているためフレキシブルな喫食ができるのも利点です。

ここはちょっと?
クラッカー独特のパサつき故、水なしの環境では数枚食る頃には辛くなります。また、入れ歯の年輩者には痛い事もあるかもしれません。非常食向け製品だけでも、保存性のいいディップ(無理?)や金平糖の類が同梱されてると食べ易くなるかも。よって、全体として水分・塗り物のある環境下での喫食を推奨します。加えて、丸形缶という形状が収納性を下げています。四角にできないでしょうか?(余談ですが、学生時代にリッツを水なしで何枚食べられるかというガマン大会をしました・・・我ながらくだらな〜)

総評
長所・短所・栄養面を考えると、特に被災初期には有効な非常食だと思います。個人的にはカンパンよりはこっちがいいです。でもこれを1日ずっとはキツイかも。カロリー面だけ見ると、これ1缶で1日の活動に必要なエネルギーを取り敢えず摂取できなくはないですが・・・
なお、リッツは非常食として多数納入実績があり、更にビッグな一斗缶サイズでは何と!910枚入り(本Lサイズ缶は125枚)というモノまであります。

最大の注意点は見える所にあるとつい食べてしまうという事。
目に付かない場所に置きましょう。お菓子におつまみにGoodですから・・・(^^;

↑ 非常食 トップへ ← 前のレポートへ 次のレポートへ →